本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

当院のお知らせ

臨時休診、施術料の変更、年末年始のお知らせなどを書いています。

2019年の年末年始のお知らせ

こんにちは。李哲です。 今年の年末年始のお知らせです。 2019年は12月31日(火)まで。 2020年は1月7日(火)から営業します。 年末年始の間は留守電設定で、電話には応じられません。 ご用件がある方は、info@li-hari.comにメールください。なるべく早めに…

10月からの消費税増税で施術料が変わります

こんにちは、李哲です。 2019年10月から消費税が上がることで、鍼灸・足つぼ整体の施術料が変わります。 鍼灸の料金 15歳以下→1回5400円 5500円 10回券 37800円 38500円(有効期限は2ヶ月) 鍼灸の料金 15歳以上→1回7560円 7700円 10回券 54000円 55500円(…

2019年お盆休みのお知らせ

// こんにちは、李哲です。 2019年8月11日(日曜日)~8月14日(水曜日)、お休みさせていただきます。 ほかの日は通常営業しますので、お盆休みにメンテナンス・治療を希望する方は、どうぞお早めにご予約して下さい。 宜しくお願いします。

ブログ記事を書く難しさ…今後の更新は遅らせていただきます

こんにちは。李哲です。 はてなブログを書いて1年過ぎました。 週4~5回を目指したけど、2~3回に減らしていこうと思います。 一つ目の原因は単純です。 書く時間が足りなくなりました。 中医学の勉強もあるので、あまり時間をかけられないのが現状です。 2…

2019年ゴールデンウィークのお休み

// こんにちは。李哲です。 2019年ゴールデンウィークの休診情報です。 4月28日~4月30日はお休み。 5月1日~5月4日は通常営業。 5月5日~5月6日はお休み。 5月7日(火曜日)からは通常営業。 5月1日~5月4日は外出で留守のときがあるので、鍼治療に来られる…

昨日の記事の表示エラーに関するお詫び

// こんにちは。李哲です。 昨日の記事のURLを間違えて変えてしまい、Twitter・フェィスブックなどで表示エラーになりました。 せっかく転載して頂いた方、ブックマークしてくれた方たちに、大変申し訳ありません。 お手数おかけしますが、もし転載する場合…

【 特別お知らせ 】 足つぼ整体の治療を再開します

こんにちは。李哲です。 皆さんのご希望が多かったので、14年間やってきた足つぼ整体を再開しました。 施術料は以前と同じです。 足つぼ(or整体)40分=5400円(税込) 足つぼ40分+整体20分=7560円(税込) ただし、3つだけ注意点があるので、ご了承く…

2019年の挨拶

// こんにちは。李哲です。 明けましておめでとうございます。 正月休みはゆっくりできたでしょうか。 新しいイノシシの年、幸運と幸せに恵まれる事を願います。 以下は2018年の感想です。 去年を振り返ってみると、いろんな患者さんを診てきました。 効…

店舗情報.院内の写真

☎ 03-6434-9915 住所:東京都港区南青山4-1-5セントラル第一青山ビル205号室 最寄り駅:外苑前、表参道、青山一丁目 ホームページ:www.li-hari.com Mail : info@li-hari.com 営業時間 午前10:30~13:30 午後15:00~20:00 休診日: 日曜…

施術内容.施術後の禁忌

鍼治療の適応症と鍼治療後の禁忌に関して書きました。

新規来院の方へ

当院の特徴と施術のやり方に関して書きました。新規来院の方は必ずお読みください。

アクセス

当院までの利用可能駅: ■外苑前駅 徒歩7分 ■乃木坂駅 徒歩10分 ■表参道駅 徒歩12分 ■青山一丁目駅 徒歩10分 黒く丸している所が当院です。最寄り駅は外苑前駅(グーグルマップより)。 ここでは外苑前駅・表参道駅からの道案内をします。主に画像で…

施術料金

施術料金の情報です。お得な回数券もあるので、親族.友人とも一緒に使ってください。

回数券の有効期限を2ヶ月に変更

こんにちは。李哲です。 希望する時間帯が取れない方が多いので、回数券の有効期限を1ヶ月から2ヶ月に伸ばしました。 回数券は2ヶ月期限ですが、毎週1回の鍼治療をすすめるわけではありません。 最初はやはり週2~3回がオススメ。 状況が良くなったら…

お問い合わせ

読み込んでいます...

表参道足つぼ.中国整体 入り口の掛け軸詩の紹介

こんばんは。李哲です。 当院になる掛け軸の詩は、個人的にすごく好きです。 詩の本文はこちらです。 《楓橋夜泊》 唐.張継 著 月落鳥啼霜満天, 江楓漁火対愁眠。 姑蘇城外寒山寺, 夜半鐘声到客船。 掛け軸の書体のもとは、清朝末の有名な学者.兪樾が書…