本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

足つぼをおすすめするふたつの理由(2018-04-02修正)

今のPrive Care(プライブケア)では、なるべく足ツボと整体を一緒にすることを薦めています。


なぜ、足ツボマッサージをセットで、整体の前に行うほうが良いのでしょうか?

① 足ツボマッサージは一番最初、心臓の反射区から始まります。 


  心臓が心血管系統にとって一番大事だからです。
  

  血流が弱ければ、悪いものが血の中で淀んで滞ってしまいますが、 心臓が強くなれば血も勢いよくサラサラと流れ、 悪いものが停滞する余地がありません。 


  そして、最初に心臓を強く刺激しておけば、その後、各内臓の反射区を押したことにより生じる老廃物を 勢いよく流れる血液によって、よりたくさん運び出すことが出来るのです。 


② 首と肩を通っている経絡にはいろいろありますが、その中で一番大事なのは小腸経です。

  小腸経が詰まると首と肩がこります。逆に言うと首と肩がこっている人には、足裏の小腸の反射区が軟らかい人は ほとんどいません。 


  足ツボマッサージだけで肩と首がラクになった、というお客さまはかなりいらっしゃいます。

  小腸が弱くなった原因はいろいろありますが、その中でも不規則な食事、ストレス、 薬剤使用過多(抗生物質、各種のサプリメント)などがあげられます。 


  薬・サプリメントに関しては、また別のコラムでくわしく論じるつもりです。

「足ツボは痛いからイヤ!」というお客さまもいらっしゃいます。
もちろん、個人の自由ですので強制はいたしません。

が、痛みの感じ方は、本当に個人差が大きいのです。
痛みに耐えられる限界も人それぞれ千差万別です。

のけぞってうめきながら、冷や汗をかきながらも、
「いや~、すごい効きました~!!」と言って、定期的に通ってくださるお客様もいらっしゃれば、「うん、ちょっと痛いねー」程度で、まったく平常心のままニコニコと受けているお客様もいらっしゃいます。

Prive Careでは、お客様の痛みの許容範囲を綿密にカウンセリングしながら、無理のない「ひとりひとりオーダーメイドの足ツボマッサージ」を心がけています。

 

足ツボマッサージ自体が、耐えられないほどの痛みでストレスのもとになってしまっては、意味がないですからね。

少しずつでも時間をかけて、健康のために足ツボマッサージを行うのは、そんなに難しいことではないと思いますよ。


みなさんはそう思いませんか?

 

関連記事:

li-hari.hatenablog.com

 

li-hari.hatenablog.com

 

li-hari.hatenablog.com