本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

便秘は未病の段階で、早めに治さないといけない。正常な便通は、1日最低1回で朝方にある。

【※本記事は2019-09-12更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は便秘に関する中医学理論の小論文です。

 

正常な便通の時間帯、1日の回数、便秘が心身健康へ及ぶ悪影響を述べました。

参考になると幸いです。

 

便秘は未病の段階、早めに治す必要がある

 

西洋医学では、2~3日便が出なくて騒ぎになったりしません。

しかし、中医学は「大変だ!早く治さないと!」と主張します。

 

中医学で便秘は「病気」ではなく、 「一つの(好ましくない)状態」、未病の段階だと考えます。

 

中医学には「未病を治す」言葉がありますが、これは何の不調もない状態を治すのではなくて、自覚症状がある時に治す意味です。詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

ある人にとっては、便秘は、とくに気にならない普通の 状態であったり、またある人にとっては耐えがたいほどつらく、苦しい状態でもあったりします。

 

軽い便秘の場合は、日常生活にほとんど影響がないので、 あまり気にしない人が多いと思います。

 

1日最低1回、朝方にあるのが正常な便通


大腸の機能が正常なら、一日最低でも1回、硬すぎず柔らかすぎずのバナナ便です。

そして、決まった時間に便が出ます。

 

朝の5~7時は、大腸の経絡が活発になる時間帯。

つまり、5時くらいに起きたら、7時前には便通があるのが正常。

 

もちろん、夜更かしをすると起きる時間も変わってくるので、便が出る時間帯も変化します。

 

仕事、精神状態、食事、自然環境などが原因で、 2~3日に1回しか出ない方もいます。

 

これは良くないとは言い切れませんが、 決していいことでもありません。
なるべく1日1回は、トイレに行ったほうがいいでしょう。

便通以外にも尿、食欲、睡眠など、中医学には健康な人への定義があります。患者さんも先生も分かる自覚症状。詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

便秘が心身健康への悪影響は計り知れない

 

便秘の苦しみは、便秘でない人にはわかりにくいかも しれません。

肌荒れを始め、お腹が張ってガスがたまるし、最後には苦しくてご飯も食べられなくなります

 

ひどい便秘は、精神的にも大きなダメージがあります。

精神不安定もしくは発狂。  

中国の漢方医が治した精神分裂病患者の例があるので、どうぞ参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

精神が不安定になると、仕事はもちろん集中できないし、 性格も怒りっぽくなります。便が腸に詰まったままになると 、最後は「火」になるからです。

 
わかりづらいと思いますが、たとえて言うなら、 田舎でよく動物の糞を真冬にひとつの所に集めて、 春は野菜の飼料にします。

 

春になって糞の中を掘ってみると蒸し温かくなっています。
これが自然の「火」です。人間の身体も同じです。

ずっと便が詰まっていると「火」が出やすくなり、 もっとひどくなると「火災」になって燃え移ります。

 

便秘がもたらす害を具体的に言うと、

  • 口臭
  • 肌荒れ
  • ニキビ
  • 目の奥が痛む
  • 頭痛、
  • 思考能力低下
  • イライラ
  • めまい
  • 不眠…
    などの腸とは 一見無関係な場所での症状。

 

便秘からくる頭痛は、鍼治療1回で治したのがあります。

良かったら以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net


便秘はお腹の中にゴミを溜めたまま、生きているようなものです。
日常生活でも、ゴミをちゃんと処理しなければ、悪臭が
漂ったり、害虫が集まってきたりしますね。

 

人間の身体も同じように、長年ゴミが溜ったままにしていると、ときに恐ろしい結果を招きます。

下剤、センナ茶などで、便秘を治すのは良くない


便秘の改善方法はいろいろあると思いますが、下剤を
飲んで解決するのは、できれば避けたほうがいいですね。

 

下剤を常用すると、薬が効かなくなってしまうことが多いです。
服用量を増やしても、またすぐに慣れてしまって
効かなくなります。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180313/20180313174743.jpg

 

こうなるといたちごっこで、薬の副作用も気になります。

 

下剤は腸の中の水分を出すので、腸が乾燥してしまう。

そして、動きがドンドン鈍くなり、さらに便秘がひどくなります。その副作用は予測不能なくらいひどいです。

 

臨床ではセンナ茶で便秘を治す女性もいました。

センナ茶は、ほとんどの方に合わないので、使う時には気をつけて下さい。

 

www.li-hari.net

足つぼマッサージは、便秘への効果もバツグン


「便秘薬が効かないので、足ツボマッサージを試しに来た」 というお客さんも、少なくありません。

 

足ツボマッサージは、下剤よりも劇的な効果を 発揮することがあります。
施術の途中に、トイレに駆け込んだ方もいらっしゃるほどです。

 

以下は一つの足つぼ整体の施術例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

追加内容


2つの内容を追加します。

①男性の便秘は、女性の便秘よりやばい 


なぜかと言うと、生まれつき男性は陽気(※陰陽五行説: 万物は陰と陽のバランスによって成り立つ。陽気とは、
すべての 生命の活動の源。)が強い生き物なので、大腸の運動が微弱で便が詰まるということが、女性と比べて少ないからです。

 

男性が便秘になるのは、陽気がかなり減ってしまったか、あるいは強いストレスと関係があります。

 

以下はひどい便秘、腸閉塞の患者の治療例です。

腸閉塞まで良くなるのに、普通の便秘が改善できないわけがないでしょう?

 

www.li-hari.net

②閉経後の便秘はダメ

 

女性の場合、とくに気をつけてほしいのは、 閉経してからの便秘です。
簡単に言うと、肺がん、乳がん、大腸がんなどの危険性が高く
なるからです。

 

なぜ乳がんになりやすいかは、以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

便秘は放置しないで下さい

 

便秘は病気になる手前の症状・未病の段階なので、ここで治さないと10年後、20年後には便が全然出なくなり、本当の大腸がんなどになります。


なるべく早めに自分に合った、
自然な治療方法を探して下さい。 

鍼治療なり漢方なり、足つぼ整体なり、みんな副作用なしであなたの便秘を治せます。