本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

背中のつるような痛みを、足つぼ整体・火罐(吸玉)療法1回で治した例

【※本記事は2019-06-05更新しました】

 

背中がつって痛くて来たご主人

こんにちは。李哲です。

先週来た夫婦の話です。

どこが痛くなったら、すぐ治療にくる夫婦。

 

旦那さんが朝一番に来たのは、左の背中がつってあまりにも痛くて来たのです。

 

みなさん、足がつった経験はありますか?

辛かったでしょう?

 

背中がつるのは、それよりもっと痛いです。

肩だけではなく、体まで動けなくなりますから。

 

私のおばさんが逆流性食道炎で背中が痛くなった時も、歩くのも大変だったそうです。幸いに鍼治療1回で治したこと。詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

ご主人に上着を脱いで、見せてもらったんですが、やっぱり背中の硬直しているところは、少し盛り上がっていました。つまり、背中の筋肉がまだけいれんしている状態です。

 

場所は、膏肓穴,噫嘻穴,神堂穴,膈関穴の一直線。

特に膏肓穴と膈関穴は、痛みがひどい。

簡単に言えば、肩甲骨の下から肋骨の間。

最初は軽い整体と足つぼで、筋肉のけいれんをほぐした

 

前のコラムで書いてたけど、こういう時には推拿(整体)療法が合わないです。以下の記事、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

推拿(整体)療法は合わないですが、一つだけ使えます。それは滚法(こんぽう)。

 

中国推拿(整体)での特別な手わざで、強くも弱くもできるやり方です。

よく『ローラーをかけてますか?』と患者さんに聞かれますが(笑)

 


 

このような筋肉が痙攣している場合でも、滚法(こんぽう)は余裕で使えます。体に対する刺激が、一番少ないから。

 

最初、こんぽうで痙攣しているところを穏やかにして、次はゆっくり押しながらほぐして、痛かったらまた違う関連があるツボを探し、刺激。

 

特に足にあるツボ。

意外だったのは、足の脊椎反射区(左)は猛烈に痛がってました

 

この繰り返しで、背中を押してもだいぶ痛みがなくなりました。

吸玉(すいたま)で一撃必殺の効果を出した

 

次は、火罐(吸玉)療法です。

 

火罐(吸玉)のやり方はいろいろです。

ただ置くのは一般的なもの。それより、もっと効率的なのは走罐と言います。

 

f:id:li-hari:20180402144546j:plain

 

文字とおり、皮膚の上で動くのです。

火罐は自分では動きませんよ。

施術者が動かします。

 

真空状態になっているものを、動かす。

これは、けっこう力が要る仕事ですね(笑)

 

火罐は10分くらい。

背中に赤い所、黒い所が出て来ました。

 

どんどん色が変わるのをみて、「けっこう効いたな~」と私は思いました。

 

終わったら、旦那さんは興奮した顔で、次に施術される自分の奥さんに「ほら~体が動けるよ!」と喜びながら、黒くなっている背中を見せて自慢。

 

奥さんは「先週腰をもんでもらって、ほとんど治ったけど、今日私も火罐をやります!」と申し込みしたが、結果は黒い跡がほとんど出なかったのです。

 

奥さんは鏡で自分の背中を見て、ちょっと残念そうな顔で「たいしたことないね...」

 

「背中が黒くなったほうが喜んだかな?...」と私は思いました。

すいたまで黒くならない時もある

 

奥さんは先週、急性の腰痛で整体を受け、翌日のテニス試合も順調に参加できました。1週間経った今日は、あまり色が変わらないはずです。

 

旦那さんの場合は、背中がつってすぐ来たから、火罐の反応がよかったのです。

 

時間が経っているか、経ってないかが重要なポイントです。

 

時間が経っていれば経っているほど、痛くなったところのコリは深い所に沈み、ほぐして掘り出すのはそうとう時間がかかります。

 

ほかの治療例としては、逆流性食道炎で背中が痛い男性がいました。

永遠に治らないと言われたけど、治っちゃいましたね。

 

www.li-hari.net

背中がつって痛くなった原因、つるのを予防できる黒糖湯

 

この夫婦の痛みの原因は別々です。

旦那さんはもともと背中を痛めたことがあり、今は肝臓に負担かけているお酒が大好きだし。

 

今回は二日立ちっぱなしの疲れで、背中にきたのです。でも、導火線は夜の寒気に当たったと思います。

 

奥さんは違います。右腰の痛みは昔からあって、今度の再発は久しぶりです。

1ヶ月以上来てないから、調子がいいと思ったのに…なにか過労があったと思います。

 

激しい運動(テニス、サッカー)などやる人は、運動の前に十分なストレッチをやらないと痛い目にあいます。特に、これから寒くなるので、寒気に気をつけないとだめです。

 

筋肉がつりそうになったら、寝る前に黒砂糖(自然なやつ)を溶かして飲むと予防になります。

 

www.li-hari.net

 

(おわり)