本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

うつ病の不眠症、イライラを足つぼ整体で治した例:うつは五臓六腑の問題で、心の病気ではない!

「うつは、こころの病気、薬が飲めば治る」

これはデタラメな話です。

 

風邪すら治せない医学が、うつ病を治せると思いますか?

 

うつ病は内臓の病気で、内臓を強化すれば自然に治るもの。

 

うつ病はどの臓器と関連しているのか?

どのように良くなるのか?

以下、私の治療例でその理屈を説明しようと思います。

 

 

若いうつ病患者:ひどい不眠症、イライラ

こんにちは。李哲です。

今日は足つぼ整体の治療例です。

 

定期的に来ている、「うつ病」の若い男性患者です。 

最初の主訴は、

  • 全身の筋肉痛と眠れない、不眠症
  • すごいイライラする
  • 強い安眠剤を飲んでいるけど、それでも2~3時間で起きて眠れない状態

 

10年くらいこのような睡眠が続いたら、あなたもすごくイライラするでしょう?私だったら爆発します...

 

(彼が飲んでいる薬は:トフラニール、ロヒプノール、ドグマチール

 

筋肉痛と不眠症は、足つぼ整体ですぐ治った

筋肉痛は整体で解決が早いから、最初は整体だけ。

2回目か3回目には筋肉痛がほとんど治ったので、今度は睡眠を解決。

 

これは、足ツボの得意分野です。

足ツボ終わったその日から、睡眠はもっと長く、深くなりました。

3~4回受けてからは、ほとんど熟睡できるようになりました。

 

足つぼ整体してから、睡眠が良くなった

足つぼ整体してから、睡眠が良くなった

 

今、彼は上の二つの悩みはないです。

ただ首と肩の張りが気になる。

これは薬の毒素がたまりすぎが原因。

 

首こりと肩こりは、『薬の中毒現象』だと判断したのは、以下の3つがないからです。

  1. けがしたこともない
  2. 生活は規則正しい
  3. 仕事も楽しいし、無理はしてない

 

唯一の可能性は飲んでいる薬が、腸(小腸、大腸)に溜まっていること。

 

彼が飲んでいた薬は以下のとおり。

トフラニール ロヒプノール ドグマチール

副作用はリンク先をご覧ください。

 

施術する前後の、諸症状の比較

最初診た時、彼の印象は強かったです。

 

  • ドアのノックが激しい
  • 話が速すぎ
  • 声も高ぶっている
  • 攻撃性が強い感じ
  • 足はそうとう冷えている
  • 全身に汗かきやすい

 

もう一つ症状は、アゴにニキビが多いことです。

普通のニキビだったら小さいけど、彼のは大きいものでした。

胃の経絡に毒が溜まっているから、顎にニキビができます

 

脈診も診ましたが、やはり肝臓が大変な感じでした。それ以外に小腸、心臓、腎臓も。

 

体調を整えるために、私はあらゆる手段を使いました。整体、足ツボは基本で、たまには刮痧(グァーサ)火罐(吸玉)も。

 

今はニキビも小さくなって、足も少し温かくなって、話も穏やかになって、背中の汗も少なくなっています。

 

一番面白いのは、彼のドアのノック音が普通になったこと。

最初は喧嘩に来たかなと思いました(笑)

 

喧嘩

 

 

うつ病の原因は、心臓が弱いから

最後に心臓と笑の関係を説明します。

中医学で謂うのは、『心主喜』

 

簡単に説明すると、喜を支配するのは心臓。

 

嬉しい、喜ぶのは心臓にいいです。

逆の気持ちは、心臓に悪い。

 

落ち込む、気持ちが晴れない、悲しいなどに勝つのは、『喜』しかないです。

つまり、うつの患者さんを治すのには、喜ぶ・笑うのが良い

 

どんな事で人は喜ぶんでしょう?

これは人によりますね。

 

給料が上がった社員。

孫と遊んでいるお爺ちゃん。

音楽を聴いて感動する人...


世の中、一草一木でも人に感動、喜びを与えます。

それが感じるかどうかは、貴方の考え方次第です。

 

ちなみに、あなたが病院に行って

「あ、癌ですね!

「あ、腸にポリープ発見!」...言われて喜べますか?

 

笑わせるのは、「うつ病」の一つの治療

うつだったらあまり笑わないのが、みなさんのイメージでしょう?

 

彼はうつだと診断されたんですが、よく二人で話で盛り上がります。彼はたまに

笑いを止めようと必死になります。

 

 

二人ともPCが好きでインターネットに興味があるし、美味しいラーメン屋の

話が好きだし、中国の面白い話もあるし...

 

こんなことするのは、理由は一つだけ:

彼を笑わせるため。

 

何故かと言うと、よく笑うと心臓が強くなるから。これも一つの治療方法

 

心臓が強くなれば、簡単に悩んだり悲しくなったり、落ち込んだりしないです。
 

下手くそな“芸人”ですが、毎回彼がさっさっさと機敏に、元気で帰る時は一安心です。

 

でも、正直に言って、

施術より面白い話の方が疲れますね(笑)

うつ病を治すのは、家族や友達の慰め、励み。病院の薬ではない!

そもそも、うつと言う病名を作ったのが、不思議でしょうがないです 

 

人間は感情を持っているもの。

誰でも感情の波はあります。

 

  • 恋人にふられて、食欲もなくなった
  • 持ってる株が下がって不眠症になった
  • 子ともが病気でいつも心配
  • 会社で首にならないかいつも不安...

 

心療内科の先生は、こんな時ないですか?

そしたら、先生もうつですよね?

 

忘れたんですが、誰かがうつの原理を説明したとき、脳内にある化学物質が足りないからうつになる。その化学物質を補えば、人は元気になり、落ち込んだりしないという宣伝。

 

人生で経験する当たり前の痛み、成長のために必要な失敗・悩み、化学物質で解決できるものですか?

 

人生の苦界から解放される、飲めば楽しくなる、ハイになる薬物はもちろんあります。

 

それは、悪魔の化身:日本で多く使われている覚せい剤、依存性がある病院の薬です。

  

人が落ち込んだり、悩んだり、不安で眠れなくなったりする時は、家族や友達の慰め、励みなどが最高の治療です。病院の薬ではありません。

 

家族・友人はうつ病を治す「良薬」

家族・友人はうつ病を治す「良薬」

 

倪海厦先生も話しました。

最高の療養場所は自分の家。

だから、中医学は数千前からから入院病棟を作りません。

 

まとめ:うつは五臓六腑の問題で、心の病気ではない!

ある日、うつ病だと言われても落ち込まないでください。

あなたの内臓の機能(特に心臓)が弱くなっているから、気持ちが暗くなりマイナス思考になっています。

 

うつ病は心の病気ではなくて、内臓の病気です。

最大の原因は、病院の薬で心臓がやられ、不眠症と冷え性などの諸症状が現れる。

 

有能な漢方医・鍼灸医に診てもらってください。

短期間ですぐ治ります。

 

どうしても、探せなかったら足つぼ整体でも、あなたの体調不良を良くすることはできます。

 

(おわり)