本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

乳がん、肺がんの漢方治療有効性を示すデータ(2019-03-01修正)

 

このブログで倪海厦先生の話をたくさんしましたが、皆さんはやはり治癒率など聞きたいところあるでしょう。

 

そんなに素晴らしい先生だったら、どんな病気を何人治療して、何人よくなって何人死んだとか?

 

倪海厦先生は功利ばかり考える人ではないので、HPに書いてるのはただ中医学から分析した病気の原因、治療と予防のことです。

 

HPには何%有効率、どんな生薬を使ったかなど書いてないです。簡単な処方箋は書いてますが、ほかのは『傷寒論』に詳しい人は、分かるはずだと言っています。


倪海厦先生が癌の特効処方箋など書いてないのは、 製薬会社に 特権取られてまた高い値段で人民に売るのを防ぐため。

 

前のブログでも話しましたが、中国の八角を精錬してインフルエンザワクチンを作ろうとしたので、一時的に八角の値段が上がりすぎて、庶民たちは買えなくなったのです。

 

f:id:li-hari:20181224134233j:plain

八角(はっかく):漢方薬では、さほど使われてない生薬。


世界で一番金持ちの製薬会社がこんな卑劣な行動が、できないと思いますか?


お金の誘惑と脅迫、だめたったら暗殺。

どんな人でも奴隷にして、どんな罪でも無罪にすることができる悪魔です。

 

倪海厦先生のHPに、一つの治療案で数に関する情報があったので、翻訳してUPします。

 

数の情報が知りたい方は見れば分かると思います。
本当に実力を持ってる先生か、或は強力な宣伝で有名になった偽者か?

 

自分で判断してください。 

 

元の中国語文章はこちら。

花開果熟(06/11/2005漢唐中醫倪海廈有感於佛州診所蓮霧樹前)

 

癌、難病の統計

 

2005年3月30日から、2005年6月11日まで45名の重症患者を診察しました。その中で3人死亡。

 

※日本の女性。乳がんで切り取り、そのあと抗がん剤療法で癌が移転し、肝臓がんと肺がんになってから来たけど、お亡くなりになりました。

 

※台湾の女性。1995年乳がんだと診断され乳房を切り取り、その後32クールの抗がん剤療法を受けました。

 

こちらに来たときはすでに癌が移転し、肝臓がんとリンパ癌になってました。

3週間治療したけど、お亡くなりになりました。

 

最初、病院の先生は生存期間10年だと言ったけど、彼女は10年しか生きられてない。

 

※舌癌の女性。3週間前にお亡くなりになりました。

彼女のおじいさんが言うのには、漢方の治療で癌の腫瘍が小さくなったけど、彼女は漢方がまずいからと言って、自ら飲まなかったそうだ。

 

そして3日後、腫瘍が頚動脈を圧迫し、脳の酸素不足でお亡くなりになりました。

 

同じ3ヶ月でよくなった人もたくさんいます。

 

※ほかの洲から来た舌癌の患者はよくなりました。

 

※元スチュワ-デスの女性は大腸癌で手術した結果、肝臓がんに移転したけど、よくなってました。

 

※白血病と前立腺がんになった男性もよくなって、今は欧州で旅行している。

 

※何人の全身性エリテマトーデス(SLE) もよくなりました。

 

f:id:li-hari:20181224122507j:plain


倪海厦先生は最後にこんなことも書いてます。

(文章を直訳したのでご覧ください)

 

世の中には二つの投資があります。

一つは利益を得るための商売。

これは、西洋の功利主義で、どのくらい儲けたかによって商売の成功か失敗かを判断する。


もう一つは、逆に赤字になる商売。

でも、これは知識を子孫に残すことができます。


儲けはないけど、その「功績」と「徳」はお金で数えるものではない。


私は自分が今まで貯金したお金で、医学臨床経験を子孫に残すために、生徒を選んで教えています。未来の報酬率が高いことを願っています。


私にとってお金の儲けはないけど、

「儲けたのは」、子孫代々健康の体。

「儲けたのは」、皆さんが正しい医学観念を持つこと。

 

私にとってお金の儲けはないけど、その代わり素晴らしい先生がたくさん出て、中医学のレベルが私より高くなって、たくさんの患者を救うことを願います。


その時になったら私は安心して退職し、自分が好きな音楽ができます。

 

金持ちの乳がん、貧乏の乳がんの異なる結果

 

倪海厦先生の治療で、こんな二人がいました。女友達の二人、アメリカ人。

 

一人は旦那さんが病院の麻酔科の先生で金持ち。

もう一人は貧乏。

二人とも同時に乳がんだと診断されました。

 

金持ちの奥さんは医療保険が良いので、いろんな最先端の治療を受けたのですが、4年でなくなりました。


貧乏の人は、高い医療保険が払えなくて、ずっと病院の治療は受けてないけど、まだ生きてました。


最後、倪海厦先生のところに来たのは、乳房中の塊が破れて悪臭が出たからです。なぜ悪臭が出るかは前の記事をご覧ください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

3人の乳がん患者の治療と比較

 

次はもう一つの治療案です。

2009年4月8日公表したもの。

元の中国語リンクはこちら。
http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/study13.htm

 

以下は直訳。

 

友人の紹介で、仕方なく診察した乳がん患者

 

4月6日(月曜日)

三人の乳がんの患者が再診に来ました。

 

一人は台湾の女性。

去年ここに来る前に、乳腺に傷つける生検をやりました。

 

こんな中国人は、私は普段絶対診ない。

私の友達の紹介で来たから診るしかなかったです。

 

去年から今日まで、治療は半年くらい。

体力、睡眠、便通、食欲、顔色もよくなり、

手足も温かくなった。

乳首が凹んでない。

(中医学から言うと、凹んだ場合は病気が重くなったのを証明)

 

今日、診に来たのは乳がんの治療ではなくて、けがで激しい腰痛があったので、治しに来たのです。

普通の人は鎮痛剤などでごまかすけど、この女性は賢く飲んでないで、すぐ鍼灸に来ました。

 

乳がん治療で全財産を失った女性

 

もう一人は最初西洋医学の切り取り手術を受けて、抗がん剤と放射線療法を続けて、その結果乳がんから肺がんに転移。同時に右脇のリンパを全部取ったから、右腕の強烈な痛みと、象の足みたいに腫れて来たのです。

 

二週間の治療で、今日検査してみたらいろいろ進歩はありました。

便通がよくなり手足が温かくなったけど、睡眠はまだよくない。体力もまだ強くない。痛みは減っています。

 

 

この人は本治療院に来た時、もう病院に全ての財産を支払って一銭もない状態でした。

 

今は、バックで応援してるNPO財団の寄付金で、彼女の医薬代を払っています。

 

治療はまだ困難だけど、私はやるしかない。

彼女は夫をなくして、今は三人の子供もいます。

 

私が診ないと誰が診てあげますか?

 

こんな状況まで追いかけたのは、西洋医学のおかげ様じゃなかったら、誰のおかげ様なんだ!

 

西洋薬を信じた結果、癌が転移し治せなくなった女性

 

3人目も3大療法をやった人。

病院の先生が5年間のTomoxafenを飲めば、再発の予防になると言って、それを信じて飲んだ結果、今は乳がん+肺がん+肝臓がん。

 

2週間の治療で少し良くなったけど、夜はまだ朝までちゃんと寝れない。昼間は少し寝れる。

 

この人の治療は、私も治せる自信がありません。

今の状況から見たら、私はただ彼女の寿命を延長することしかできないかも。

 

男性の乳がん+白血病の治療

 

4月8日(水曜日)

男性。乳がん。

上の女性と同じように3大療法を受けて、最初の左側の乳がんから今は右側の乳がん+白血病。

 

今日、再診したら睡眠がよくなり、便通が正常。体力もよい。氷みたいに冷たかった手足が今は温かくなり、左手の腫れと左肩の腫れも完全になくなりました。

 

先週、彼の第六椎を押す検査をしたけど、痛みがなかったから白血病はよくなっています。

 

私が考えた彼の白血病の原因は:

間違った乳がん治療以外、過度の放射線療法で白血病にまでなっています。

 

一つの災難が終わってないのに、また一つの災難が起き。

 

西洋医学は無知だけではなく無能。

こんなたくさんの癌を作ったのは、医学だと言えますか!

 

乳がんステージ3、著しく改善している

 

同日に、ミシガン州から来た第三期乳がんの患者がいました。

 

半年の治療で、今日の顔色は乳がんと思えないくらいすごく良いです。

体重が15kg下がり、毎日朝までぐっすり寝れる。便通は正常で手足も温かい。食欲も良い。痛みは全然ない。

 

彼女は最初病院で手術したのは、乳房の腫瘍を取っただけです。乳房は切り取ってない。リンパ腺も取ってない。手術後の抗がん剤も放射線療法もやってない。だから、半年でこんなに進歩が早いわけです。

 

今は彼女は、乳がんを全然心配してないです。

 

昨日も息子を連れてプールに行ったと話してました。

いろんなサプリはダメだと言ったから、彼女はいま太陽をたくさん浴びるしかないと話してました。

 

こんな乳がんは西洋医学に任せれば任せるほど、患者が怖くなるだけ。

治療が終わる前に、患者がもう怖くて半分死んでます。安心して喜ぶ生活なんかあり得ない!

f:id:li-hari:20181208200846j:plain

西洋医学の治療を受けて、乳がん患者は楽しい生活が送れない!

 

余命宣告3ヶ月のおばあちゃん、4年も生きている

 

4年前に肺がんだと診断された、80代のお婆ちゃんも今日来ました。状況はすごい良い。呼吸も苦しくない。食欲は良くて手足が温かい。

 

4年前ここに尋ねてきた時、西洋医学はお婆ちゃんは余命3ヶ月だと診断しました。でも、ここに来てからの4年間は、毎日治療の進歩が見えています。

 

認知症になった旦那さんに会うと悲しくなる以外、お婆ちゃんは楽しい生活をしています。

 

お婆ちゃんは何十年も生きながら、たくさんの人間と起き事を見たので、西洋医学の治療は受けなかったです。もし、最初病院の先生の話に従って治療したら、4年前になくなってるはず。

 

私の経験から見ると:

西洋医学の手が届いてない人は、治る確率が高い。

西洋医学の治療を受ければ受けるほど、死亡に近づく。

 

西洋医学の治療を一切やらないで、ちゃんとした中医学の先生に会った場合、乳がんは治るものです。

 

李哲の説明:

現在、ニハイシャ先生がなくなってから、アメリカ診療所は閉鎖しています。

癌など重い病気を治療したい方は、台北漢唐中医診所に連絡してみてください。

 

ニハイシャ先生の弟子たちが、最善を尽くすと思います。