本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

骨粗しょう症の治療薬の副作用で、あごがなくなる!(台湾のニュース)

【※本記事は2019-10-14更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

台湾のニュースを翻訳しました。

 

翻訳文

台湾には50万人の骨粗しょう症患者がいます。

その中で、女性の数がもっとも多いです。


台湾では、ビスホスホネート(中国語:双磷酸塩)が入っている治療薬が多いです。でも、この2年で骨粗しょう症治療薬を飲んだ人が歯を抜いた後、傷口がなかなか治らない、化膿してあごが腐る例も出ました。

 

研究によると、これはビスホスホネートの副作用です。


たくさんの骨粗しょう症患者は、最初お医者さんからこの恐ろしい副作用を教えてもらったことがありません。

 

台湾女性連合会は急いで、たくさんの女性にこの薬の副作用を伝えています。

 

台湾女性連線の秘書長李宛芬は「この薬を飲む時、立って飲んでくださいと言われたことしかないです。立って飲まないと、食道がつまる可能性があるから。」

 

倪海厦(ニハイシャ)先生の評論

台湾の衛生署はタバコ製造メーカに『タバコの吸い過ぎは肺がんの原因になります』など書いてもらってるけど、なぜ薬には恐ろしい副作用は書いてないでしょう?

 

その理由は、台湾の衛生署は製薬会社の傀儡。だから、こんな不公平な事が起きてるのです。

 

骨粗しょう症はもともと存在しなかった病気。

西洋薬の乱用で、骨粗しょう症が現れたのです。

 

つまり、西洋医学の薬を飲まない人は、骨粗しょう症になる心配はありません。骨粗しょう症の薬を飲んだ結果は、このようにあごが腐ってなくなるだけではなくて、腎臓に傷つけるから認知症にもなります(中医学で言うと、記憶を管理してるのは腎臓)

 

病院の薬で骨粗しょう症になる

 

骨粗しょう症治療薬はあなたの敵に飲ませるものです。自分が飲んではいけません。

 

中国とエジプトの古い死体が発掘された時、みんな1000年以上経ってるのに、骨だけはちゃんと残っている。これは、人間の骨はダイヤモンドみたいに強いことを証明してます。

 

人類はもともと骨粗しょう症がないはず。

西洋薬が溢れてから、こんな新しい病気が出たのです。

西洋薬はみんな腎臓を壊すから。

 

でも、この問題はまた製薬会社に利用されて、骨粗しょう症の治療薬が売れます。研究した薬は、骨を丈夫にするところか、逆に骨をボロボロにします。こんな悪魔みたいな薬が今衛生署の許可をもらって、市場で販売してるのです。

 

皆さん、

この骨粗しょう症治療薬の名前を明記してください。

フォサマック(Forsamax)

 

台湾の衛生署は、あなたたちに正直な話はしません。

彼らの仕事は製薬会社を保護するだけで、患者さんではないから。

 

李哲の注釈:

●ビスホスホネートで顎関節壊死の論文がありました。

以下の外部サイト、参考にしてください。

 

(PDFファイル)ビスフォスフォネート治療による顎骨壊死発症の現状

 

www.ohu-u.ac.jp

 

12月23日追記

歯は命の源さん のブログの転載です。

この歯医者さんは良心がある先生だと思います。

 

ameblo.jp