本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

50代女性の4割が骨粗しょう症!中医学の先生が教える骨粗しょう症の予防になる6つのポイント

【※本記事は2020-01-20更新しました】 

 

こんにちは。李哲です。

台湾のニュースだけど、日本の方にも参考になると思って翻訳しました。日本も同じ50代以上で4割の女性が骨粗しょう症があるなんて、びっくりの数値です。

 

騙されて薬を飲んで、コーヒー・乳製品を食べているからこんな結果になったでしょう…悲しい現実です。

 

元の中国語記事は、

www.hantang.com

(2009年12月25日更新)

 

翻訳文 

台湾の厚生労働省は今日、国民の骨粗しょう症調査の結果を発表しました。

 

50代以上の女性の4割、男性は2割が骨粗しょう症になっています。


台湾の厚生労働省はこんなすすめをしました。

「女性は毎日2~3杯以上のコーヒーを飲んではいけない。カルシウムをしっかり補充すべき。」

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180329/20180329152046.jpg

 

台湾の厚生労働省は4年の調査に渡って、1121名の19歳以上の人を調べた結果、女性の骨粗しょう症になる危険性は男性より高くて、41.2%の割合まで行ってる。日本とほぼ同じで、香港より比例が高い。

 

中山医学大学、栄養科助教授林以勤はもっと詳しい検査をして、

50代以上の女性の骨粗しょう症患者で、腰椎1番から4番までの骨粗しょう症は12.6%、前腕骨粗しょう症は25%ということが分かりました。

 

林以勤の統計によると、女性は日に当てる回数は平均で毎週11.5回。毎日20分以下の女性は39.5%、20分~1時間女性は41%、1時間以上の女性は19.4%。

 

骨粗しょう症予防の為に厚生労働省の人がすすめたのは:

  • 毎日太陽を浴びる
  • 山登り
  • ジョギングなども良い。
  • コーヒーの量は毎日2,3杯以下にする。


生理が終わってない女性は毎日1000mgのカルシウム、閉経した女性は毎日1000mg~1500mgのカルシウムが必要だと話しました。

 

骨粗しょう症予防学会の秘書長黄兆山は、「お酒、長期間の胃潰瘍治療薬と抗うつ剤の使用は、骨粗しょう症なる確率が高まる。50歳以上の女性と65歳以上の男性は、ちゃんと骨密度の検査をしたほうが万全である」と話しました。

 

倪海厦(ニハイシャ)先生の評論

 

台湾女性の皆さん、骨粗しょう症予防には以下のポイントを守ってください。

 

  1. カルシウムを補給するサプリ、ほかのサプリもダメです。
  2. 女性ホルモンが入ってるものはダメです。
  3. 毎日、お茶会で暇つぶしするのではなく、外出して歩いて、太陽を浴びるのが大事です。
  4. 西洋薬はなるべく止めてください。
  5. ケーキなどの白砂糖・人工甘味料が入っている甘いものはダメです。
  6. いろんなコーラ、コーヒー、牛乳、乳製品などはダメです。

 

骨の強化になるのは豆類の食品、新鮮な野菜、魚類、骨のスープ。

 

カルシウムの過度摂取は、カルシウム不足よりも害が大きいです。

牛乳を飲めば骨を強くなると思うのは、一番の間違い!


外に出て太陽を浴びて運動するのが、骨粗しょう症を予防する最善な対策です。