本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

コーヒーの匂いだけで、気持ち悪くなり吐き気がした女性(2019-03-13更新)

中医学の理論で、コーヒーは強い酸性物質。だから、胃酸が増えて逆流性食道炎になるだけではなくて、コーヒーの強烈な臭いは内臓を刺激し、気持ち悪い・吐き気がするなどの防衛反応が起きます。

 

気持ち悪くなったり、吐き気がするのは、あなたがおかしいのではなくて、正常な反応です。コーヒーを止めて良かったという人は、「李哲鍼灸院」ではしょっちゅう見ます。以下は一つの特別な感想文。

 

  

コーヒーを注ぐ時の匂いで、気持ち悪くなり吐き気がした女性

 

こんにちは。李哲です。

ある患者さんから聞いた話。

 

彼女はコーヒーを止めてから、2ヶ月くらい経っています。会社の人たちはコーヒーを飲んでるけど、彼女一人だけお茶とお水にしてるそうです。

 

彼女が教えてくれたのは、

「1回会社の会議があって、10数人にコーヒーを一気に注いたら、コーヒーのにおいで急に気持ち悪くなって吐き気がしました!

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180329/20180329152034.jpg

 


 

この経験は彼女だけではない。

私も経験したことがあります。

スターバックスなどのコーヒー屋に近づくと、コーヒーの強烈なにおいで胃がムカムカして気持ち悪くなります。

 

においだけでも反応するのに、飲んだらどんな結果になるか、考えてみれば分かります。

 

「コーヒー族」が気持ち悪くならない、吐き気がしないのは、内臓がマヒしているから

 

コーヒーをよく飲む人は、こんな感覚が分からないはず。

これは、あなたの体質とコーヒーが合うとか、そういう絶妙な原因ではありません。

内蔵が麻痺してるからです。

 

コーヒーはどんどん胃酸を分泌させて、体内もどんどん冷えて、体の警報措置がちゃんと働かなくなるのです。

 

少ない量では、体が反応しなくなります。

覚せい剤、お酒と同じように。

 

飲めば飲むほど警報を鳴らす敏感度が鈍くなり、最後は身体のSOSすら出なくなります。

 

「李哲鍼灸院」で、コーヒーは禁止物の一つです。

コーヒーは胃がん、すい臓がん、食道がんを引き起こす元凶なので、なるべく止めさせてもらっています。

 

具体的な理由は、以下の記事で述べています。

 ⬇️⬇️⬇️

li-hari.hatenablog.com

 

コーヒーを止めて、いろんな良い変化に気づいた女性の証言 

普通の食物のにおいは、

ここまで体の反応を起こしません。

 

コーヒーを止めたことがない人は理解できないと思いますが、3ヶ月止めて自分の身体で検証してみれば分かります。

 

コーヒーがどれだけ「体にいい物」か! 

 

【▼ 2018-12-12追加内容】

コーヒーのにおいで「うぇぇっ!」となる女性は、最近もう一人います。

コーヒーを止めてからの体質変化を詳しく記録しているので、とても参考なると思います。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

無料だからコーヒーを飲み続けると、大変な病気になる! 

彼女のが言うのは、

「会社でコーヒーは無料だから、みんな飲んでいます。」

 

これは、社員の健康に無関心な会社ですね。

もしかして、こんな会社が多いかも知れません。

 

「コーヒーは身体に良い」という間違った宣伝が溢れているから、会社も自然に置いているでしょうか?

 

無料だからって、喜んで飲まないでください。
胃がん、すい臓がん、食道がんになったときは、後悔しても取り戻しができません。