本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

過度な肉料理、牛乳、チーズ、バターは骨粗しょう症を作り出す。カルシウムを補給する最強の食べ物は黒ごま!

【※本記事は2020-04-28更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

ニハイシャ先生のニュース評論を翻訳しました。

 

過度な肉料理、牛乳、チーズ、バターは骨を溶かして骨粗しょう症を作り出す。カルシウム補給する最強の食べ物は黒ごま!

 

骨粗しょう症の主な原因は、

  1. 清涼飲料水
  2. コカコーラ(りん酸がたくさん入って、骨を溶かす)
  3. ファースト食品
  4. 過度の塩分


牛乳はカルシウム補充ができるという説があるけど、本当はどうでしょう?

 

実際に計って見ると、結果はそうでもないです。

黒ゴマのカルシウム含有量は、牛乳の18倍!

 

黒豆、海苔、昆布、干し魚、わかめなども牛乳よりカルシウム含有量が多いです。

 

 

▲10年前にアメリカで出版した『新世紀の食事』(英語:Diet For A New Americeにはこんな事も書いてました。作者John Robbinsの統計によると、アメリカ、フィンランド、スウェーデン、イギリスの骨粗しょう症患者が一番多い。

 

逆に発達してない国、アフリカの女性は一日350mgのカルシウムしかとれてない。

しかも、一生で平均子供9人を産み、一人の子供を産んだら2年間は母乳育児です。でも、カルシウム不足で骨粗しょう症になった比例が少ない!

 

 骨粗鬆症を予防し治療するためには、少なくとも1日1000~1500mg、つまり成人の栄養所要量の2倍以上が必要であることが、世界の専門家の一致した意見です。

 

引用先:どうカルシウムをとればよいの? | 公益財団法人 骨粗鬆症財団

 

今の医学業界は、だんだん明かにしています。

過度なタンパク質(肉類は体内で酸を作る)は、体内のカルシウムを溶かす。

 

たんぱく質が高い食べ物は、肉類以外に牛乳、チーズ、バターなどの乳製品。

 f:id:li-hari:20180408114810j:plain

 

『新世紀食事』(Diet For A New Americeは、もう一つ面白い事実を例としました。エスキモー族の食べ物は、たんぱく質含有量が世界No.1で、一日の摂取量は250g~400g。


不幸なのは、エスキモー族の骨粗しょう症比例も、世界No.1です。

 

1984年4月8日アメリカ『医学論壇』(翻訳が間違ったかもしれません)では報告がありました。アメリカ人骨密度の研究によると、素食の人の骨は肉食の人より強い。

 

なぜ、こんな結果になったでしょう?

肉食の人は、大量のたんぱく質をとってるからです。

 

▼よくある食べ物のカルシウム含有量。

(mg/100mg)

 

  カルシウム含有量(mg/100mg)
黒ゴマ 2000
牛乳 110
豆腐 91
黒わかめ 1170
干し小魚 1700
昆布 1100
ひじき

1400

 

(ほかの野菜は、日本語名が分からなくて翻訳できてないです。)

 

倪海厦(ニハイシャ)先生の評論

 

この報道で分かりますが、牛乳は骨粗しょう症を引き起こします。

 

牛乳が大好きな方。どんどん飲んでいいです。

あなたが正しいか、私が正しいか、証明してください!

 

www.li-hari.net

李哲の感想

 

カルシウム補給には牛乳をすすめられますが、なぜ含有量がもっと豊富なひじき・黒ごまを宣伝しないでしょうか?

 

理由は一つだけです。

酪農家が牛乳・乳製品を売りたいから。

アメリカ酪農家業界の話を見れば分かります。金が政治・メディア報道を左右する証。

 

bookstand.webdoku.jp

 

牛乳をたくさん飲めば、アメリカ人みたいに身体が大きくなると言いますよね?上記のデータをご覧ください。アメリカ人の骨粗しょう症は世界トップクラス。逆に貧しいアフリカの女性のほうが骨粗しょう症になってない!

 

メディアの話を信じる人は、骨粗しょう症を作り出す牛乳・乳製品を喜んで食べて、その後は骨粗しょう症で歩けなくなり、人工股関節全置換術を受けて最終的には車いす生活で死ぬ。たとえ骨粗しょう症にならなくても、乳がんになり抗がん剤・放射線を受けて早死。

 

あんたは牛乳、乳製品を疑ったこともないでしょう?