本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

不妊症治療と足ツボ療法(2018-03-31修正)

こんばんは。李哲です。

今日は不妊症に関して話します。

今までの実例は少ないですが、

2つだけすごく覚えてるのがあります。

 

1つは5年前のこと。

 

一人の女性、最初は冷え性と生理痛で来ました。

足ツボ療法をメインにして、整体もたまにやったのです。

 

3~4ヶ月くらいで手足が前より温かくなり、

生理痛もほとんどなくなりました。

 

ある日、患者が嬉しそうに“妊娠しました!”

と言って、私は何の話かビックリしました。

 

あとで分かりましたが、彼女は生理痛だけではなくて、

2年くらい不妊症があったそうです。

ただ、話しづらくて、最初から言ってなかったのです。

 

足ツボ療法で、冷え性と生理痛だけではなくて、

子供までできて嬉しいと言ったわけですね。

おめでとうことです。

 

2つ目は半年前のこと。

夫婦ふたりで来店したのです。

 

その時、私はただ手伝い役で、

旦那さんの整体を2回やったことがあります。

ほかの先生の患者なので、話もしづらかったです。

 

自分の施術感覚では、

旦那さんの問題は大きくないと思いました。

 

一番の問題は奥さんにあると判断したのです。

理由は、奥さんのほうが冷え症がひどいから。

 

残念ですが、この夫婦は今Priv Careにいません。

結果がどうなっているか、分からないのです。

 

私の考え方からすると、

この夫婦は足ツボを続けてやれば、

妊娠する可能性は十分あります。

 

整体だけでは、難しいと思います。

整体と足ツボの得意な分野は違うから。

 

なぜ、手足が温かいかをこんなに重視するかを話します。

 

乳がんに関する文章で説明しましたが、

心臓は『君主』として

身体(体内、体外)の温度を提供します。

 

つまり熱(パワー、電力)。

 

心臓のもう一つ大事な働きは、

生理と睡眠の管理。

 

心臓『君主』が強いときは、手足まで温かくなるし、

生理も睡眠も正常です。

 

逆に、心臓『君主』が弱くなると、冷え性にもなるし、

生理の異常も出るし、不眠症も現れます。

 

子宮がちゃんと働く為には熱(パワー、電力)の供給も、

正常な生理も必要です。

 

冷え性は万病のもとだと言えませんが、

不妊症には大敵です。

 

手足が温かければ妊娠のチャンスも多いけど、

冷たい人はチャンスはそんなにないです。

 

考えてみてください。

 

あなたの心臓は、

自分の身体のパワー(電力)供給もちゃんとできません。

もう一人のパワー(電力)供給までできると思いますか?

 

無理やり妊娠したとしても、途中で供給ができなくなったら

流産するのです。身体が二人のパワー(電力)の供給が

できないと、必ず1人の供給を切ります。

 

そうじゃないと、二人ともパワー(電力)が足りなくて、

二人ともシステムダウンです。

 

これは、身体の自然な保護反応だと思います。

 

不妊症の原因はいろいろありますが、

冷え性.生理.不眠症を治すのは前提条件です。

 

不妊症で悩んでいる方は、チェックしてみてください。

自分の手足が常に温かいか?

生理は正常か(色、量、周期、痛みがないなど)?
睡眠は正常か(夜は起きなくて、朝までぐっすり寝れる)?

 

ここで引っかかったら、

足ツボ療法はあなたを助けることができます。


冷え性、生理、睡眠。

この3つを解決すれば、

あなたにはかなりのチャンスがあるのです。


最後には、少しだけ漢方の面白い話をします。

不妊症は、いい中医師が治すと男の子しか産まれません。

女の子は産まれないのです。

 

その理由は、使っている生薬がほとんど『陽』だから。


お爺ちゃんとかは、男の子だと喜ぶかもしれませんが、

世の中は男性ばかりになると困りますね(笑)。