本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

足つぼはリフレクソロジー、台湾式足裏マッサージと違う!(その2)(2018-04-01修正)

こんにちは。李哲です。

続きの記事です。

 

前回の内容は以下をご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

足つぼ療法とリフレクソロジー、足裏マッサージの違い。

 

その1番は、施術の強さが違うと話しました。

 

足つぼ療法は強い。

あまりやさしくない。

 

でも、終わった後は手足が温かくなり、睡眠の質もよくなって、胃腸が動いてお腹がゴロゴロ鳴る。次の日から身体の調子がいいのが分かります。
 
足つぼ療法に似てるのは、若石派の足もみです。
両方とも強い。
ハードです。
 
では、若石派の足もみとなにが違うか?
簡単に説明します。
 
今までの若石派のやり方は、反射区が対象です。
例えば、胃の反射区にコリコリしたら、そのコリを押すだけで胃の調子がよくなるわけです。
 
足つぼ療法の場合は、反射区をもとにして、さらに経絡のつぼ(ツボ、穴)を取り組んで、つぼも押します。
 
反射区は大きい面。
つぼは一つの点。
 
若石派などの台湾足裏マッサージは強いけど、対象が大きい面だから、指で滑るときが多い。足つぼ療法は、滑る以外につぼを、一点ずつ押すのが多い。

 

だから、足つぼ療法は台湾式足裏マッサージより押すところも多いし、効果もさらにパワーアップするわけです。

 

以下は、私が昔読んだ本です。

台湾式の足裏マッサージの手本だといえるでしょう。

 

足裏マッサージに興味がある方にはおすすめです。

 

足の汚れ(沈澱物)が万病の原因だった―足心道秘術 (マイ・ブック)

足の汚れ(沈澱物)が万病の原因だった―足心道秘術 (マイ・ブック)