本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

エイズ(HIV)治療のうそ(2018-04-01修正)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180608/20180608002243.jpg?1528385009

 

こんにちは。李哲です。

常識を吹っ飛ばすニュース評論です。

 

2009年1月の報道を見ると、アメリカには100万人のエイズ感染者がいます。その中の半分は診断されてないか、或は治療ができてない。

 

アメリカはエイズ治療で著しい効果を出しています。新しい治療方法が出る前の1996年、エイズの死亡者は4万7千人。しかし、1999年の死亡者は1万5千人。

 

(死亡人数が減ったのは、治療のおかげではない。たくさんの人は、薬の副作用に耐えられなくて、自ら薬を止めたから命が残っている。例えば、NBAの選手マジック・ジョンソン は治療してないけど、まだ元気に生きてる。)

 

倪海厦(ニハイシャ)先生の評論:

 

エイズの違う名前は、『世紀末の黒死病』。

 

西洋医学の長所は病名を作り出すことです。

 

その目的は、

1.膨大な利益につながっている。

2.自分の名誉と地位が上がる。

 

一石二鳥のことは、やらないわけないです。

 

私の話を聞いてください。

 

エイズは致命的な病気ではありません。

無害です。

患者が死んだ原因は、過度の治療です。

 

私はアメリカの臨床でたくさんのHIV Positive の患者を診てきました。

完全に致命的な症状はありません。

 

しかし、AZT ,DDI 或はHAART療法 をやった後に致命的な症状が出るのです。

 

この結論は、米カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)のPerer H.Duesberg PH.Dの主張と同じです。

 

優秀なお医者さんとして、良心がないとダメです。

絶対、患者の命をもてあそんではいけません。

 

今のたくさんの博士級の先生は、自分の利益と名誉だけ考えて、患者が死ぬか生きるか、完全に無視です。

 

一つの命の後ろに、どれだけのつらさがあるか。

こんな先生には分かってません。

 

患者を脅して、『飲まないと死ぬぞ!』

 

でも、事実は:

飲むともっと苦しくなり、もっと早く死ぬ。

 

薬を飲まないほうが、生きる確立が高い。

これは、どういう筋ですか???