本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

毎週2本以上の清涼飲料水を飲む人が膵臓がんになる確率は、飲まない人より87%も高い!

【※本記事は2019年9月20日更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

 中国ネットからのニュースを伝えます。

 

『ジュースはすい臓がんと関係がある』

 

アメリカミネソタ大学の教授(中国語では皮瑞拉、日本語の読み方は分かりません)と同僚の研究で分かったことです。

 

教授の研究対象は、シンガポールの裕福な6万524人の中国人。追跡期間は14年。

 

この間、すい臓がんになった人は140人です。

毎週2本以上の清涼飲料水を飲む人は、飲まない人より87%も高い。(統計で現したのは、すい臓がんになった人は平均5本飲んでいました)

 

教授が言うのは、「飲料中の糖分は、すい臓を刺激してインシュリン分泌が活発になるから、すい臓がんになる可能性が高いかも知れません。」

 

f:id:li-hari:20180629173754j:plain 

 

この教授は、はっきり言ってないですね。

 

倪海厦先生はもっとはっきり言いました。

「すい臓がんの元凶は、人工砂糖・人工甘味料が入った甘いもの。」

 

一つの治療例があるので、どうぞご参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

日本では清涼飲料水がどのくらい売れているでしょう。

 

街でコカコーラの瓶を持ち歩いている若者を見ると、彼らの未来が心配になります。

 才能を持っている子供たちが、人工砂糖で病気になったら、非常にもったいないことだとおもいませんか?

 

足つぼの経験から見ると、人工砂糖をたくさん摂った人は、脾臓とすい臓の反射区はなかなかほぐせないです。甘い物を半年以上止めても痛いです。

 

これは、けっして足つぼと整体の効果がないのでなくて、人工砂糖の『威力』が強すぎてなかなか取れないこと。

 

破壊は一瞬ですが、建設は時間がかかります。

 

普段から摂らないように、気をつけましょう。

ある日後悔しても、治すのに何年か時間がかかるかも知れません。

 

清涼飲料水は安くて『美味しい』ですが、後で身体を治すお金は何十倍もかかります。

 

こんな投資は、誰もしたくないでしょう。