本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

食後の吐き気は、逆流性食道炎が原因だった【コーヒー・コーラ好きな方は要注意!】

f:id:li-hari:20180629174435p:plain

【※本記事は2019-06-11更新しました】

 

こんばんは。李哲です。

倪海厦先生のHPから見たニュースを伝えます。

 

食後に吐いてどんどん痩せていくのは、摂食障害(拒食症)ではない。

逆流性食道炎の可能性が高いのです。

 

 

赤い文字のところは、先生の評論です。

翻訳文

コーヒー族、コーラ族、仕事が忙しくて三食ちゃんと食べれない人、気をつけないといけません。

 

仕事のプレッシャがすごい黄さんは、この一年食事のあと、吐くばかりでどんどん痩せてきました。最初は拒食症だと診断しましたが、今は逆流性食道炎が原因であることが分かりました。

 

(やっと西洋医学はコーヒーとコーラで胃酸が逆流すると認めましたね。実はこれ以外に甘いものもあります)

 

29歳の彼女は、仕事が忙しくて、三食をちゃんと食べてないです。よくお腹空きすぎてから、大盛りをすごいスピードで食べて、時間短縮したのです。

 

一年前から、彼女は食べてすぐ吐いてしまう症状が出て、本人はお腹空いてるのに、食べれなくなり、どんどん痩せてきたのです。

 

病院の診断でやっと分かったのは、彼女を何年も苦しませた症状:口の中が酸っぱい、吐き気、胸が焼いてるように痛苦しいのは、胃食道逆流症(GERD) だった。

(中医師は簡単に1日、2日で治せます)

 

病院の先生も指摘しました。今の企業、特にIT企業の人は忙しくてご飯もちゃんと食べない、早く食べる習慣がついて、その上にコーヒー、コーラなどを飲んでいるのが原因です。

 

病院の先生が話したのは、胃食道逆流症(GERD) は以上の症状以外に、声がかれる、咳、喘息などの症状もあります。

 

臨床で、こんな患者は心臓科から胃腸科に紹介されるケースが多いです。

(患者さんは、たらいまわしになりがちですね)

 

治療では、食生活を変えるのがメインです。

夜更かししない。夜中にご飯を食べない。コーヒーとコーラを止める。脂っこいものを食べない。甘すぎ、辛すぎの刺激が強いのは食べない。

 

症状がひどい人は、手術を考えられそうです。

(こんな簡単な症状は手術要りますか?手術して本当に治りますか?)

 

倪海厦(ニハイシャ)先生の評論

 

胃酸の逆流の問題は、生薬で簡単に治せます。

1日で治る人も少なくないです。

 

これは、中医学だからできるのです。

 

胃酸の逆流の原因は、以上に書いている以外に、甘いものもあります。

特に精錬すればするほどの食べ物を食べると、胃酸がいっぱい逆流するのです。

 

本当の原因を分かれば、生薬で簡単に治した後、

同じものを食べなければ、永遠に同じ病気にはなれないのです。

李哲の感想

コーヒー族、コーラ族はまだ多いでしょう。

身体の為に、早く止めたほうがいいです。

 

身体が悲鳴を上げるときまで、飲みたいでしょうか?

 

生薬の素晴らしさは分かります。

でも、足つぼ.整体も効果があります。

 

以下は一つの施術例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net