本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

エイズ研究に重大な打撃:エイズワクチンは有効のことろか、感染の危険性が高まる(2018-03-31修正)

こんにちは。李哲です。

足つぼ.整体と関係ない話ですが、今でもエイズの病名を聞くとびびる方がいると思います。

 

中国にいた時、日本のドラマ『神様、もう少しだけ』を見ました。

いい作品だと思いましたが、今考えると騙されたような感じです。

 

なぜかと言うと、エイズは死ぬ病気ではないから。

 

皆さんがエイズに対する恐怖感は、

確実に誰かの不正な宣伝で作られたものです。

 

実際のことを知ったら、怖がる必要もないし、治療の薬物中毒で命を失うこともないと思います。

 

しかし、情報発信しても何人が信じるでしょう?...

 

次は、倪海厦先生のニュース評論を翻訳です。

縁がある人に役に立ったら幸いです。

赤い文字はニハイシャ先生の評論。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180509/20180509135459.jpg

翻訳文

イギリス媒体の報道によると、最近奇跡だといわれたエイズのワクチンは、エイズ感染を予防するところか、打たれたあとの感染の危険性が高まることが分かった。関連の研究もストップ。

 

ワクチンの無効は前から話しました。何で信じてないでしょう?たくさんの人はインフルエンザワクチンを打って、すぐインフルエンザになりました。ワクチンを打てば打つほど、病気になりやすいのです。騙されている人たち、目覚めてください!

 

イギリスの『デイリー.メール』の報道によると、アメリカ政府が毎年エイズ研究への投資は5億ドル。

 

エイズには薬が要りません。エイズは病気ではないから。

 

報道によると、最初は重大な発見だといわれたSTEPとPhambili臨床実験で、ワクチンのリスクが分かってから実験はストップされていた。

 

エイズで去年(2007年)、200万人の死亡者が出た。その中、32万人が子供。

 

この人数はAIDSで死んだのではありません。エイズ治療薬の中毒で死んだのです。

 

皆さん、考えてみてください。

エイズ治療薬の効き目があったら、何でたくさんの死亡者が出ますか?

 

大勢の人は、中医学の生薬が科学的なデータで有効性が証明されてないといいますが、私はたくさんのデータが、西洋薬が無効で害しかないことを証明していると言いたいです。

 

1981年エイズが発見されて以来、今まで少なくて2500万人がエイズで死んでいる。予測によると、今全世界では3300万人の感染者がいて、その多数はアフリカ州にいる。

 

一番最初に発見されたのは、アメリカのサンフランシスコです。

 

西洋医学が言うのは、サンフランシスコが同性恋人が多いから。

でも、製薬会社は真実を知っています、同性恋人で伝染されてないこと。

 

ただ、報道の注目を移転しただけです。

そうでなかったら、なぜアフリカにこんな人数のAIDS患者がいますか?

アフリカは同性の恋人ばかりですか?

 

報道によると、500億ドルを使った研究はワクチン接種後、感染の危険性が高まったため、実験は失敗したまま終わり。

こんなワクチン研究の失敗は、これだけではありません。ほぼ全てのワクチンが同じ結果です。接種しなければまだいい、接種するともっと悪くなる。

 

人間に必要なのは、天然痘ワクチンだけ。天然痘は1回かかると、一生その免疫力が付きます。ほかの病気は1回で終わりますか?

倪海厦先生評論:

 

1.エイズは無害です。

 

HIVは、製薬会社がアフリカでやった罪を隠すために作った病名。

小児麻痺ワクチンを開発するために、サルの腎臓内のSIVウィルス を間違えて人間の体に入れてから、いろんな問題が出ました。真実を隠すため、製薬会社はSIVウィルス が身体にあることを、HIVだと新しい病名をつけたのです。

 

こうすると①新しい病名でまた新しい薬が売れる②罪から逃げることもできる③世間の人に感謝される。

 

一石三鳥のことをやらないと思いますか?

 

しかし、やったことは必ず記録が残ります。どんなに巧妙に隠しても必ずばれます。

 

今、良心がある科学者はどんどん真実を世間に公表してます。ほかに知っている人たちもいますが、言えないだけ。

 

2.もともとサルの腎臓に入っているSIVウィルス は、致命的なものではありません。だから、ワクチンも要らないし、ワクチン研究の失敗も予測できるものです。

 

結論:

製薬会社が作り出した問題、自分で解決できないと、新しい病名をつけて新薬を販売。

しかも、脅迫に近い“この病気はすごく怖い!”のイメージを民衆に与えて、民衆が政府にワクチンなどの政策をお願いするようにします。

 

自分の罪は隠すこともできるし、民衆の税金で無意味な研究をすることもできる。

 

テロはこういうことができると思いますか?

 

世界で唯一にこんなことできるのは、製薬会社だけ。

李哲の感想:

日本のネットにも研究失敗のニュースがあったので、リンクを張ります。

 

エイズになって、自分が死ぬんじゃないか?と思う方。

怖がらないで、いろいろ調べて本当の事を知りましょう。

 

真実を知るためには、考えないとダメなのです。

 

外部サイト関連記事: 

多田野年頼Blog Archive|日本ユニバイト