本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

陰陽五行論の『気血流注』に関して(その2)(2018-03-31修正)

こんにちは。李哲です。

 

前回コメントいただいたので、記事として少し書きます。

 

朝は確かに排便の時間帯です。

 

果物だけにするのがいい。

こういう話は何人から聞いたこともあります。

 

しかし、果物だけはどうですかね?

果物が好きな人は果物だけでいいし、

ご飯が好きな人はご飯でいいと思いますが。

 

私が尊敬している倪海厦(ニハイシャ)先生は朝食を食べないと言ってました。頭がさえるから。

 

でも、これは皆さんにおすすめしません。

なぜかと言うと、倪海厦(ニハイシャ)先生は少林寺の気功などやっているから。普通の人と違います。

 

私は凡人なので、朝食食べないと美味しそうな食べ物見たとき、よだれが止まりません(笑)

 

朝はパンを食べる人もいる。

ご飯を食べる人もいる。

 

食べ物は十人十色です。

 

パンはいいと思いますが、買い物するとき、裏の成分表をよく見てから買うことをおすすめします。外で買うより自分で作ったパンが一番美味しいかも知れませんよ。

 

中国の朝食のことも書きますので、参考になれば嬉しいです。

 

けっしてこれがいい!これが正しい!と言うことではなくて、

ただ違う国の習慣を紹介するだけです。

 

旅行の感覚で見て下さい~

 

中国の中医大学で勉強したとき、朝のメニューはいつも饅頭(まんじゅう)とおかゆ、簡単なザーサイなどの漬物でした。

 

饅頭と言うのは、日本のコンビニで売っている中華まんではないです。中国では中身がないのを『饅頭』、中身があるのを『包子』と言います。有名なのは天津の『狗不理包子』。


ほかに豆乳と『裏子』という麦粉の揚げ物.麦粉で作った『油餅』を食べる人も多いですね。

簡単に言うとおかゆ、饅頭、ご飯、麦の麺類、豆乳がメイン。
普通の漢民族にとっては以上のものが多い。

白砂糖が入っている食べものは少ないですね。


ほかの民族はまだ自分の伝統的な食べ物があります。

例えば私のふるさとでは、朝は味噌汁とご飯、キムチなどの簡単な漬け物。(味噌は日本の作り方とほぼ同じ)

 

外来食文化は、まだ食べる人は少ないです。

流行の最先端に乗りたい金持ちは、競争しながら食べていますが。

 

食べる人が少ないのは、別に外来文化だから拒否するのではなくて、食べて見ても口に合わない.美味しく感じないからです。

 

日本は素晴らしい和食があるのに、

洋食にする人を見ると、非常に残念だと思います。


いつから変わったでしょう?

欧米食文化がそんなにいいですかね?


朝は胃が比較的に活発な時間帯なので、

食べないともったいないです。

 

パンでも、果物でも、ご飯でもかまいません。

午前中の貴重なエネルギー、パワーの提供ができます。

 

もちろん、人工添加物が少ない食べ物にしたほうがいいですね。