本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

首こり、肩こりと刮沙(グァーサ)療法の感想文

【※本記事は2019-09-11更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

患者さんから2回目の感想文があったので、転載させていただきます。 

 

ameblo.jp

 

ついでに、なぜ刮沙(グァーサ)をすすめたかを詳しく説明します。

 

最初、彼女の首と肩の刮沙(グァーサ)をした時、気づいたのは首こりと肩こりは半端ではなかったです。

 

筋がでっぱっているくらい硬い。

首と肩が相当つまっているから、頭痛も出やすくなります。

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180228/20180228001022.jpg

こんな状況で、刮沙(グァーサ)が一発で効くかどうかは、私も把握できませんでした。

 

1回目にやったとき、かなりすごい色が出て、一つだけ判断できたのです:

まだ免疫力が強い。外からの刺激に敏感である。

 

これは、彼女が強い西洋薬などあまり使ってないからです。

すごい色が出る場合は、そんなに時間はかからないはず。

 

しかし、2回目にきた時、意外な報告がありました。

寝違いしたみたいに、もっと痛くなりました!」

 

グァーサは整体と違って、もみ返しみたいなものが出ないはず。

「なんで逆にもっと痛くなっただろう?」これは、今まで初めて。

 

よく考えてみたら、

一時的な好転反応だと判断したのです。

 

臨床でよく起きる好転反応の一覧と、その解釈は以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

1回目のグァーサで血行がよくなり、皮膚の穴が開いている状態なので、夜中は冷たい風にやられやすくなる。だから、寝違いみたいに痛くなったんだ。

 

そして、彼女に話しました。

「もう1回やってみましょう!」

 

足つぼが終わって、2回目のグァーサをしましたが、赤くなるところは前回よりかなり少なくなりました。

 

少なくなったというのは、前回よりたまっている老廃物が少ないことを証明します。だから、今度は同じ痛みが繰り返さないと思ったのです。

 

彼女が家に帰って書いた文章を見て、一安心しました。これからも、順調にいけると思います。

 

続いて繰り返して、赤い点々が出ないときまでやれば、首と肩の調子はよくなるはずです。

 

彼女の2回目にかなり変わってないかな?の気持ちは分かりますが、少し焦っていますね。(笑)

 

焦る必要がないです。

体内はそんなに早く変わるものではないから。

 

量の変化があってから、質の変化が起きる。

もう少し続けていけば、自分の体のいろいろ変わるのが見えます。