本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

好転反応:発熱、筋肉痛の施術例を解釈します

【※本記事は2019-04-27更新しました】

 

 

足つぼ整体のあとに、発熱・筋肉痛の症状が出た女性

こんにちは。李哲です。

一人の女性患者さんから質問を受けましたので、記事として公開しました。

 

同じ疑問を抱えてる方に、役に立つ情報になれば幸いです。

 

最初、彼女の足ツボ整体をやってから変わったところと質問を述べます。

 

~引用開始~

【14日施術後】

 

■お腹の痛みは、弱くなった。

 

■1~2時間後、体全体がだるくなった。

 

■3~5時間後、背中・腰がひどい筋肉痛のようになり、
背中や腰をそらせるストレッチ(運動)をしたくなる。
ストレッチをすると、気持ちがよい。

 

■6~8時間後、就寝しようとするが、ひどい悪寒。38.1度の発熱。
なかなか眠れない。(13日夜から、37度の微熱はあった。)

 

【15日~16日現在】

 

■お腹の痛みは、ほぼなくなった。
朝食を食べても、胃痛がしなくなった。
しかし、便秘気味は続く。

 

■背中・腰の筋肉痛が消失。背中・腰・肩が軽くなった。

 

■首をまわしても、ぽきぽき音がでなくなった(15日のみ)

 

■36度の平熱に下がった。

そこで質問です
①14日施術後の発熱の原因は?
②14日施術後はなぜ、背中や腰が筋肉痛のようだったのか? 
  また、15日には筋肉痛が消失したのはなぜか?

~引用終わり~

 

もっとも多い好転反応:発熱と筋肉痛

 

次には自分なりの説明をします。

違う意見がある方はどうぞ~コメントください。

 

彼女の質問は二つありますが、答えは同じ:好転反応。

 

つぼを仕刺激することで、内臓は活発になる。

普段ためている老廃物を外に追い出そうとする。

 

この戦いで、熱と筋肉痛みたいなものが出ます。

 

好転反応の一つ:発熱と筋肉痛

好転反応の一つ:発熱と筋肉痛

 

正気と邪気の戦いで、発熱が起きる

中医学の特別な考え方がありますが、

身体の『正気』と『邪気』は常に戦っていると思ってます。

 

『正気』は身体を守る力。

パワー、エネルギーとも言えるでしょう。

 

『邪気』は病気にさせる力。たとえばウィルス、菌、寒気、湿気など。

 

中医学は細かい源を調べるのではなくて、まとめて分析.全体的にみるので簡単に『邪気』といいます。

 

かぜの経験がある方は覚えていると思いますが、

かぜを引くと熱が出ます。ひどい人は、筋肉痛と関節痛もある。

 

これは、体内の『正気』が『邪気』と悪戦苦闘しているから、

激戦区では激しい反応が起こるわけです。

 

子供と大人。この反応を持っているのが多いです。

年をとると、ほとんど微熱で高熱は出ません。しかも、激しい反応ではなくて、ただだるい.ずっと眠い.食欲がないなどの重症ではない感じの症状。

 

これは、引いたかぜが軽いからではなくて、戦う力が足りないから激しい症状が出ないだけです。

 

『邪気』を追い出したら熱も自然に下がる。

追い出せなくてずっと戦う場合は、高熱が続く。

 

筋肉痛のところは、新しい血液が流れている

 

筋肉痛は、つまっている経絡が通ろうとしているからです。


つぼの刺激で強化された気は、

途中のじゃまものを飛ばそうとします。

 

流れる気とじゃまもの(老廃物)の真正面の衝突ですね。

だから痛くなるのです。

 

途中のじゃまものがなくなって、気の流れが順調であれば、衝突もないので痛みも自然に消えます。

 

施術後の筋肉痛と、運動したあとの筋肉痛は違う

 

筋肉痛に関しては、整体と激しいスポーツは似てるけど、違うところもあります。

 

1.整体の筋肉痛みたいなものは、大体次の日に消える。

スポーツでの筋肉痛はもっと時間がかかります。

 

厳密に言うと、整体後の痛みは

乳酸がたまっておきる筋肉痛ではありません。

 

2.スポーツでは、たくさんのつぼを押すことができない。

 

スポーツ好きな方は、回復に整体も試してください。

 

スポーツ後の筋肉痛はほっとくと何日もかかりますが、

整体をやると回復時間がかなり短縮できます。

 

味わえなかったすっぱい痛みも分かりますよ(笑)

 

この女性のお腹が痛いのは、なくなってよかったです。

ほかの症状は、もう少し時間がかかりますね。

 

まとめ:好転反応は最初だけで、そのうち消える

足つぼと整体を受けると、最初は大体反応が激しいです。

だるくなる.すごく眠い.筋肉痛…など。

 

でも、2回3回やれば、こういう反応はなかなか出ません。

これは、2回3回ですっかり良くなったことではないです。

 

最初の1回の戦いで、身体は大量の『正気』(エネルギー)を使っちゃったから、戦う力はもうないです。

 

足つぼ.整体を続けてやれば力の『貯金』ができて、

ある程度までためたらまた熱などの症状が出ます。

 

戦いがまた始まるわけですね。

 

こういうときは、よく休んで体力を蓄えるか或いは風邪には漢方薬!代表的な6種類の漢方薬処方内容・適応症を、自覚症状ごとに細かく説明しますを見て、自分の症状に合う生薬を買って飲んでください。

 

かぜは漢方だと一発で治ります。

 

プライブケアに何ヶ月も通っている方は、最後よく風邪を引くようになります。

これは、患者の身体が弱くなったのではなくて、免疫力が強くなり、戦う力がどんどん強くなっているからです。

 

最後にはどうなるか?

体内の敵(老廃物)が少なくなったら、激しい戦いも起こらないです。

 

『正気』も強いので、外から悪いものが入ることもなかなかできません。

体質がここまで改善されたら、大成功ですね。

 

2019-04-30追加内容:

 

鍼治療でも好転反応:高熱が出る時があります。

ちょっと稀な例ですが、以下の記事があります。参考にしてください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com