本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

うつ病の症状:引きこもりは、なぜ起きるのか?中医学理論で分析します

【※本記事は2019-04-16更新しました】

 

 

前書き:足つぼ整体は、うつ病にも効く

こんにちは。李哲です。

この前、常連の患者さんから質問を受けました。

 

患者「足つぼ.整体は、うつ病に効きますか?」

「もちろん、うつ病にも効きますよ!」

 

次に、なぜ効くかを説明します。

 

うつ病の人がマイナス感情になって、消極的になる原因

 

中国の戦国時代、扁鵲は有名な『難経』 を書きました。

『難経』 には、以下の面白い話があります。

『病欲得温而不欲見人者,病在臓也。(省略)臓者,陰也,臓病欲得温,又欲閉戸独処,悪聞人声』。

 

▼直訳:

『邪気』が臓まで入った場合、患者は暖かいものが好きになる。でも、部屋に引きこもりで人と会うのが嫌い、人の声を聞くのも嫌い。

上で述べた症状は、

今の自閉症.うつ病.統合失調症と似てます。

 

邪気が臓まで入るのは、

身体を温める.守る『陽気』が少なくなっているからです。

『陽気』は前回話した『正気』 と同じ。

 

うつ病.統合失調症.自閉症の人をよく観察すれば分かると思いますが、手足が暖かい人はほとんどいません。


冷え性の人は、消極的になりやすいです。


部屋に閉じこもるのは、消極的な行動の一つ。

もっとひどくなると、何に関しても興味がない.生きるのが楽しくなくなります。

 

うつ病、統合失調症、自閉症は内臓の病気

うつ病、統合失調症、自閉症は内臓の病気

 

漢方、足つぼ.整体、あるいはほかの自然療法。

効き目.やり方はそれぞれ書いてるけど、目的は同じです。

 

それは、身体の温度を上げる。

心臓を強化し、身体を守る『陽気』を強化する。

 

身体の『陽気』が溢れれば、体温が上がれば、五臓六腑に潜んでいる老廃物は全部溶かされ、外に出されます。その結果は、人も活気が溢れるし、積極的に行動することもできます。

 

冷え性が治って、性格まで明るくなった患者

 

理論的な話ばかりだと理解しにくいと思いますが、

以下で自分の施術経験を話します。

 

実例があって前後の変化を見れば、分かりやすいでしょう。

 

一人の女性。

主な症状はひどい生理痛.手足が氷みたいに冷たい。

 

最初、彼女はあまり会話もなくて、気難しい感じの人でした。

足つぼやっても、ただ「痛い!」というだけ。

 

毎週1回の足つぼ。

3ヶ月続けたら、自らいろんな質問をするようになりました。

 

半年くらいで、彼女の生理痛、冷え性は完全に治り、その後は運動を始め、会社までの出勤は自転車で1時間。

 

たった3ヶ月~半年で彼女はすごく明るくなりました。

 

女性はやはり明るいと、笑顔がすてきに見えますね(笑)

 

内臓の調子は気持ち、気分を影響する

 

上でいろいろ説明しましたが、

知ってもらいたいのは一つだけです。

 

身体の変化は、

気持ちに影響があるということ。

 

内臓が元気になれば、精神も元気になれる。

内臓が疲れたら、精神も消極的になります。