本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

なぜアメリカ人は病院の薬を飲まないのか?(2019-02-19更新)

こんにちは。鍼灸師:李哲です。

アメリカ『道大学』(University of Tao)校長:張緒通先生の文章を読んで、感慨深かったです。

 

西洋医学が一番発達してるアメリカで、アメリカ人は病院の薬に対して、どんな態度なのか?

 

長い記事ですが、参考になると幸いです。 

 

先に、張緒通校長先生を簡単に紹介します。

若いとき日本に留学して医学博士をとりました。

 

1960年アメリカに移住し、アメリカの法学.哲学博士の学位を獲得。

1976年にアメリカ道協会(Foundation of Tao)、道出版社(Tao Publishing)を設立し、1989年には『道大学』(University of Tao)を設立。

 

 

病院の薬を飲まない「頑固」な患者たち

アメリカ.欧州.オーストラリアで、私はたくさんの『頑固』な人を見ました。

90代のおじいちゃんから20代の若者。

 

彼らは「この一生、アスピリン(ごく普通な薬)を使ったことがない」と言ってました。

 

私は彼らに聞いてみました。

「病気になったらどうするんですか?」

 

彼らの答えは、

ホメオパシー(Homeopath)の先生に診てもらう。

あるいは中国の生薬(Chinese Classic Medicine)を飲む。

あるいはアメリカ(欧州)伝統的な薬草(Herbalism)を飲む。

あるいはインドの伝統的な薬草(Ayurveda)を飲む。

 

「なぜ病院の薬を使わないか?」と聞いたら、彼らの答えはいろいろでした。

 

①一番多い理由は、他人の「儲かる機械」の部品になりたくない

部品はいつ壊れたら、また変えればいいのだ。

チェンジ用の部品はいっぱいあるから。

西洋薬はビジネスで、患者は消耗品であることを知っています。

 

②これ以上、毒素を入れたくない

今は水にも、空気にも、全部毒素があふれています。

これ以上私は毒を体に入れたくない!

 

f:id:li-hari:20180529144647j:plain
 

③人工的な麻薬:鎮痛剤が、合法的に人を殺している?!

アメリカは法律の国で、ヘロインは違法で禁止されています。

しかし、アメリカではオキシコンチン(Oxycontin) などのヘロインと同じように依存してしまう薬を販売して、合法的に人を殺す製薬会社がある。

 

アメリカの憲法と権利はどくに行っただろう?

アメリカ国民として、彼らの薬は絶対買わない!

 

人を薬物依存にさせるオキシコンチン(Oxycontin) の歴史は、以下のリンクで詳しく見れます。

 

製薬企業:鎮痛薬・オキシコンチン(OxyContin)、オキシコドン(oxycodone):パーデュー・ファーマ社(Purdue Pharma)(米国) | 研究倫理(ネカト)

 

④命は私の唯一の所有物

私が大事にしなかったら、誰が大事にするんだ?

 

GODは人間を作ったとき、先に人間を治せるものも作っているはずです。

 

車を作る前に、車の部品を先に作っておくのと同じ。これは「販売後のサービス」のため。そうじゃなかったら、車の存在はありえない。

 

私たちが麦を食べて生きるなら、麦より強い.いい物があるはずだ。そういうもので、病気は治せるはず。

 

f:id:li-hari:20181220105648j:plain 

 

私は「自然」を信じている。

私たちの祖先は何万年もこのように生存してきました。

 

いつから、人間が急に「頭が良くなり」、自分で作った「毒」で生存しないといけないだろう?


私は理解できない!

理解できないもので自分の体を傷つけたくない!

 

⑤生化学者は病院の薬を信じない

私の専門分野は化学。

だから、化学物質の猛毒は誰よりも知っています。


ある薬物の毒は強い、ある薬物の毒は弱い。
ある人は強い毒でも耐えられて、ある人は弱い毒でもすぐ反応が出ます。

 

毒に反応がない人は、けっして毒に免疫力を持っているわけではない。毒がある程度までたまった時は、ただ物ですまないです。

薬物の毒性は副作用の中にある(頭がいい人は薬を買うとき、副作用を先に紙にプリンタして、良く見てから買うのです)

 

現代薬学の致命的な問題は、一つの薬であるところを治すとき、副作用で違うところを傷つける。そして、また新しい薬でそのところを治す。でも、この新しい薬は、またほかの副作用を起こす。

 

この繰り返しで、お医者さんは忙しくてわけ分からなくなる。

患者はたらい回しで、苦しみの中から出れない。

 

生きてるのが死ぬより苦しい人も少なくないです。

 

だから、薬を試す勇気はありません。

 

飲むのをためらう西洋薬

 

⑥李哲の感想

上で話したオキシコンチン は、皆さん知ってますか?

2007年5月10日、製薬会社は薬の有効性を公表するとき、本当の話をしてなかったと認めて、6億ドルの罰金をしました。

 

1996年から発売されたオキシコンチン は、年間10億ドルの売り上げ。株の上昇で儲けた利益は、この10億ドルの計算に含まれていません。

 

ニューヨーク・タイムズ(英語:The New York Times)の報道によると:2000年アメリカの田舎などでオキシコンチン 乱用で、薬物依存になったたくさんの人が犯罪に巻き込まれました。

 

2002年、薬乱用で直接の死亡者146人。間接的な死亡者318人。重症のけがの人は数え切れない。6億ドルの罰金は、痛くも痒くもない金額です!


こんな薬を日本のYahooで調べたら、お薬110番のサイトにのってます。まだ堂々と販売していることですか?

 

恐ろしい日本です。

 

⑦病院の薬は値段が高い

私たちはお金がない。

一瓶で何百ドル、何千ドル。病院に行くと、検査費用だけでも高い値段になる。入院したらもっと大変です。

 

私は毎日200ドルしか儲からない。

また家賃.食費がかかる。

だから、こんな薬は買えません。

 

病院の薬は高くて買えない

 

⑧小さなときの経験から学んだ

私が6歳のとき、右肩と腕が少し痛かったです。遊びで転んで痛かったと思ったが、家族はいじで私を病院に連れて行きました。いろんな検査をした結果は関節炎。

 

注射してから毎日の薬。

そのときは痛みが軽くなる感じだったけど、しばらく経ってから私はむくみ始め。最初は足。次は頻尿、夜に何回も起きてよく寝れなかったです。

 

お医者さんはまた違う薬を処方。しばらく飲んで新しい問題が出ました。心臓がドキドキする、たまに心臓が止まるときもあります。

 

またいろんな検査をして、薬の種類も増えて最後は5種類の薬。

それから、私は頭がよく回らない。記憶力がどんどん落ちるて、性格はどんどん怒りっぽくなりました。お医者さんは検査しても頭を振るだけ、原因不明だといいました。

 

私は一歩歩くだけでも、息ができないくらい苦しくて、頭もずっと痛い。毎日すぐでも死にそうな感じでした。

 

ある日、私は一人で悲しくなり号泣しました。

でも、そのとき私はあることに気づいて、娘を呼んで私を図書館まで送ってもらいました(私は体力がなくて車運転もできなかったです)

 

息をハーハーしながら図書館につき、私はこの5種類の薬の資料を全部調べたら、私は苦しい症状は、全部薬の副作用に書いてある!

 

f:id:li-hari:20180529144335j:plain

 

私は家に帰ってから、5種類の西洋薬を全部ゴミ箱に捨てて、その日から1粒も飲んでない。家族は私が気が狂ったと思っていました。

 

しかし、3日後から私の「病気」はどんどん軽くなり始め、最後はまた最初の肩の痛みだけ残り。

 

隣に住んでいる人は、私に鍼灸をすすめました。そして、私は5回鍼灸に行って関節炎はもう治っている。鍼灸の先生は太極拳も教えてくれて、私は今太極拳の教師をやっています。

 

私はもう70歳だけど、70歳には見えないくらい健康。

薬を捨てた日から、私は絶対西洋薬は飲まない、病院も行かない。

私の家族と5人の孫も、西洋薬を飲んでないです。

 

⑨抗生物質よりも効く薬草療法

私の娘は耳の痛みとかゆみで病院に行ったら、中耳炎だと言われました。そして抗生物質を処方。

 

薬は使うときは効く。使わなければまた発作。

1年で抗生物質を10種類も変えたけど、中耳炎はまだ治ってないです。

 

娘はどんどん体力がなくなり、年中風邪を引いてた。友達はこれを見て「抗生物質はこれ以上使ってはいけない!」と話したけど、抗生物質を使わないと中耳炎の発作はもっとひどくなるだけでした。

 

ある日、私は自然療法をやっている人を知り合い、彼のおすすめで海塩と緑茶と水を煮込んだ汁で、娘の耳を洗ってみました。そしたら、不思議と中耳炎はなくなったのだ。今はすごく元気に遊んでいます。

 

今、私の家族全員は自然療法(Naturopathy)を信頼している。

西洋薬以外に、もっと安くて安全で有効なやり方があるから。

 

抗生物質よりも安全で効果がある漢方薬

 

⑩製薬会社の人も、自分が作った薬を飲まない

私は製薬会社の人。

製薬会社は表から見るとすごく清潔で、「真空」になっているような感じだけど、実はそうでもないです。

 

私たちは毎日消毒.殺菌作業をしている。しかし、菌はどんどん強くなり、薬に入ってる菌の量もどんどん増えています。きれいにすればするほど、菌が増えるのです。

 

それ以外に薬の「賞味期限」の問題もあります。

私たちも自分が作った薬が怖くて飲めません。

 

製薬会社の人すら怖くて西洋薬が飲めない

 

⑪他人から教訓を学んだ

私は乳がんの患者。

私はたくさんの乳がん患者をを見てきた。だから、私は3大療法を絶対やらない。

 

当時に思ったのは、「だめだったら死ねばいいから!」

そして、鹿式運動をはじめ、何ヵ月後にはがん細胞が不思議と全部なくなりました。

 

今私は無料で鹿式運動を教える教師になっています。

私と一緒に運動を始めた女性はみんながん細胞がなくなり、私は自分が天使になったような気分。

 

私たちはまた『再生婦人グラブ』(Revived Women's Club)をつくり、毎日楽しく生活しています。

 

 

作者:張緒痛先生の考え方 

上で話した人たちは、みんな自分の考え方を持っています。

やり方はいろいろですが、根本的な考え方は同じ。

 

この考え方が現在、全体療法(Wholistic Medicine或いは改革医学(Alternative Medicineと呼ばれるもので、信者は毎年増えています。

 

アメリカ政府は、児童へのワクチン接種義務があると決めています。

しかし、憲法にはまた「宗教の原因或いは個人の信仰の理由.或いは反対意見を持っている方は接種しなくてもいい」と書いてます。

 

たくさんの親はこのルートで、自分の子供にワクチン接種をさせないです。

一生の後悔をしないために。

 

ワクチン後遺症の一つをあげると、現在あふれている自閉症Autism)。

 

元気だった子供がワクチン接種したあとに脳が変形、行動もおかしくなり、学習能力がなくなるだけではなくて、顔の形まで変わります。

 

私のところには、たくさんの親が証明書をもらいに来ます。

子供にワクチン接種をしないために。

このような頭がいい親は、アメリカで年々増えています。

 

次から次へ広がる副作用

現代医学でがんを治すやり方は、抗がん剤と放射線療法がメイン。

しかし、この二つは猛毒で、病院の薬自身が癌を作り出す原因でもあります。

 

抗がん剤と放射線療法を受けた人は、その害を受けてない人はいません。どんなきれいな髪でも最後は全部落ちます。

 

それ以外の厳重な副作用として、極度の貧血、極度の倦怠感、生きているのが死ぬより苦しくなります。そして、副作用を消す薬が処方されます。患者に少しの希望を見せるために。

 

貧血を治す薬は主に、以下の会社で作られています。

 

1.アメリカジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson& Johnson)製薬会社のProcrit(プロクリット)

 

2.世界最大の製薬会社アムジェン(Amgen)のEpogenとアラネスブ(Aranesp)。

 

以上の薬はみんな貧血を治すというけど、その副作用はあなたの想像を越えるもの。

 

よくある副作用は、

  • 血栓を作りだす
  • 心筋梗塞
  • 心臓病の急変
  • 腎不全

コレステロールを下げる薬の副作用

現代は食事の間違いで、たくさんの人が心臓病になっています。

お医者さんは正しい食事を教えるのではなくて、患者に一生懸命コレストロールを下げる薬をすすめています。

 

もっとも有名なのは「リピ○○○」。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180408/20180408201742.jpg

 

コレストロールが心臓病の本当の原因かどうかはあとにして、リピ○○○の副作用を見れば飲みたくなりますか?

 

リピ○○○副作用:

  • 肝不全と腎不全
  • 甲状腺機能低下症
  • 筋肉痛と体力がなくなる
  • 気持ち悪い、胃痛(胃潰瘍)
  • 頭痛
  • めまい
  • 嘔吐がとまらない
  • 神経痛
  • 下痢
  • 赤い或いは黒い便が出る
  • 皮膚がかゆい
  • がん

 

しかし、リピ○○○の広告は毎日テレビ.新聞.雑誌に出ています。

しかも、お医者さんを雇って説教し、飲まないとすぐ死にそうな言葉を使うのです。

 

普通のリピ○○○ は20mg、毎日2粒~4粒。

一瓶で90粒。市場価格は135ドル。

 

意味不明なのは、この薬はずっと飲まないといけない。製薬会社はずっと儲けるわけです。

 

心臓の血管がつまると、最新技術は棒を血管に入れて、拡張して血管を広げるようにしていました。医学業界はこの最新技術を絶賛し、徹底的に心臓病が減ると思っていました。

 

あとで判明されたのは、このテクノロジは3年も経たないうちに、心臓病を引き起こします。しかも発作した場合は、救う可能性もゼロ!

 

f:id:li-hari:20180619104600p:plain

 

リピ○○○、患者が死ぬまでいくら払っているかを計算してみる

次には、リピ○○○を1回計算してみます。

たとえ、甲が3年飲んで心臓病にならなかったとします。

そうすると、「リピ○○○のおかげだ」と宣伝ができます。

 

でも、3年経たないうちに、甲は胃がんになりました。

 

リピ○○○の副作用の中には胃潰瘍、胃痛など書いてるけど、胃がんとは書いてない。だから、法律からいうと薬のせいではない、因果関係がないです。

 

病気になったから、とにかく治療するしかない。

胃がんの場合、胃の摘出手術。

そのあとは抗がん剤と放射線療法。

その副作用で、ひどい貧血になりました。

 

今度は、貧血を治す薬の登場。

Procrit(プロクリット)

薬の副作用で腎不全になり、人工透析をやるしかない。1週間に3回の透析。

 

最後は立つ力もなくなり、ベッドから降りようとしたとき、転んで頚椎を折って死亡。

 

これは事故だから、誰も責任は取らなくて良いことです。

 

死ぬまでいくら「貢献」したのか、簡単に計算してみましょう。

甲は3年薬を飲み続け、つまり3年間ずっと製薬会社にお金払っています。

毎月最低の計算で135ドル。

3年で5000ドル。

 

それ以外に手術費用、入院費用(大体で1日5000ドル)、透析費用、ほかの医薬費用、死んだときの葬儀費用などを合わせると、100万ドルでも足りません。

 

甲が保険があっても、保険会社は全部払ってくれません。

簡単に言うと、甲は生きるためだったけど、結局はお金払って病気を買い、死ぬ道を歩んでいます。

 

ありえない話をしてると思うかも知れないけど、これは現実的に起きていることです。お医者さんはたくさん見ているはず。

 

でも、誰も言わない。

仕事がなくなるから。

 

本当の話を言えない西洋医学の先生

本当の話を言えない西洋医学の先生

 

人工的な化学薬品は、「死んだ物質」で強い毒性を持っている

いわゆる西洋医学.現代医学(対抗療法医学(Allopathy)といい、中国では省略して西医と言います)、使う薬品はすべて化学的なものです。

 

中には植物、動物、鉱物から精錬した有効物質、或いは人工的に合成した合成物がある。

 

植物から精錬してとったのは、精錬するとき使う化学添加剤が猛毒である以外、天然のものを人工的な毒に変えてます。

 

例えばアスピリン(Asprin)。

最初は柳樹からとった物質を加工して作ったものです。

加工するためには、ほかの化学物質を入れないと精錬ができません。

 

結局、できたものは柳樹のものではなくて、似てる化学薬物です。

 

この化学薬物をいろんな形の粒にして、瓶に入れて販売するわけ。

この作り方は、西洋人の『方法論』で今でも変わらないです。

 

西洋人はちっとも思ってません。

精錬のやり方は、自然のバランスを壊したということ。

 

柳樹はもともと生命があるもの。

精錬したあと残ったのは「死んだ物質」

 

「死んだ物質」の見た目は強くて、もとの柳樹より効果がありそうです。

しかし、使ってみれば分かりますが、悪夢みたいな副作用が連発します。

 

アスピリンは極度の酸性物質で、たくさんの人の胃腸は荒れてしまいます。

 

ほかの副作用は、

  • 内蔵の内出血
  • 目が見えなくなる
  • 脳出血…

 

f:id:li-hari:20180529144650j:plain

もっとも使用歴が長い西洋薬:アスピリン

 

アスピリンの生存はもう70年超えて、ほかの任意の薬より寿命が長いです。

前回話した、オキシコンチン(Oxycontin) は9年。

寿命が短い原因は、副作用が強くて誰も使わなくなったからです。

 

化学的に作られたものは、みんな毒を持っています。

化学的な合成物でない西洋薬はありません。

 

薬が世の中で生存する期間は、薬の副作用の強さ.副作用がすぐ見えるかによります。

 

運が悪い人、無知な人は薬害に遭っても、訴えるところがありません。

 

思想、命までコントロールする西洋の製薬会社

製薬会社は新しい薬を研究するとき、大量の投資をして巧みに薬の宣伝をします。どんなに素晴らしい薬かを。

 

もっと力を入れているのは、教育.学術.新聞媒体などを通じて、彼らの「方法論」を宣伝。

 

宣伝の唯一の目的は、製薬会社が作った「方法論」だけ正しい。

現代的で科学的で先進的。

同時に、違う意見の方法論はみんなデタラメ。

 

彼らが特に許せないのは、全体的.生命.生態.バランス.平和などの理念を貫いてる方法論。手段を選ばないで、こういう考え方を抹殺しようとしてます。

 

よく考えてみたら、これはおかしくないことです。

 

西洋は、今まで素晴らしい医学体系と歴史を作ったことがありません。

近代になってから、科学という堂々の名義で今の医学システムが作れたのです。宝物だと自慢するのは当たり前のこと。

 

しかし、人間は精神(霊).智力(魂).肉体(体)3合1の生命体。

化学が主宰できるモノではありません。

 

化学は科学の一部分で善悪はないです。

でも、金銭とつながり、金銭の奴隷になった場合は、災難のもとになります!

 

西洋薬の一つの特徴は、次から次に新しい薬が出ること。

見た目は先進そうで、常に進歩して創造しているような感じだけど、実は本質の問題で変えるしかないのです。

 

そんなにたくさんの新薬があると思いますか?

包むパッケージを変えて、「革新的な新薬」になるだけです。

 

f:id:li-hari:20180529144657j:plain

 

製薬会社の名前は多いけど、

実はは少人数がコントロールしてます。

 

彼らの一番いい儲け方は、

他の国へ行って「病気を探す」

そのあと、「病気を治す」薬を売る。

薬の副作用は、また対応の薬を販売。

 

彼らの目的は簡単です。

「世界の人間をコントロールする、命まで」

 

(おわり)