本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

【翻訳文】更年期と食べ物(2018-04-03修正)

こんにちは。李哲です。

 

更年期関連の文章がありましたので、翻訳してUPしました。

赤い文字はニハイシャ先生の言葉。

翻訳文

台湾の大林慈悲病院の栄養士が話すのには、更年期女性は正しい食べ物を選べば顔がのぼせる、息切れなどの更年期障害を防ぐことができます。

 

更年期障害の詳しい症状は、顔がのぼせる.心悸.寝ているときに汗をかく.不安.イライラ.倦怠感.不眠.うつになりやすいなどがあります。

 

これ以外に、皮膚が乾燥して痒くなる方もいます。

 

更年期の女性は、女性ホルモンの減少で、骨のカルシウムが少なくなり骨粗しょう症になりやすい。
それ以外に、心臓病になる危険性も高まります。

 

更年期の過程と症状は人によります。
すぐ慣れる女性もいれば、慣れなくて困る女性もいます。

 

栄養士のおすすめでは、更年期女性は女性ホルモンが多い食べ物を選んだほうがよい。例えば黄豆類.ザクロ(石榴)、葛根(かこん)、緑の野菜.硬い実など。

 

あと、女性はコーヒーとお茶の量を減らさないといけません。
なぜかというと、コーヒーは骨粗しょう症なるから。

 

f:id:li-hari:20180607112358j:plain

 

コーヒーは1日2杯を越えない、
お茶は4杯を越えないように。

 

(この文章ではここだけ間違っています。皆さん、なるべくお茶を飲んでください。お茶は骨粗しょう症になりません。)

 

栄養士の話では、更年期症状はいろいろありますが、日常飲食のバランスに気をつければ、更年期も楽しく過ごせます。

 

具体的に言うと、

塩分、油、白砂糖、コーヒーを少なめに。
野菜、硬い実、黄豆類などを多めにとる。

 

倪海廈(ニハイシャ)先生の評論:

 

この報道はすごく正しいです。

 

唯一に訂正したいところは、コーヒーとお茶が違うこと。

 

お茶はアルカリ性飲料、コーヒーは酸性飲料です。
両方ともカフェインが入ってますが、質は全然違います。