本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

においに敏感すぎる化学物質過敏症の原因は、肺と大腸にある

 

前書き

 

こんにちは。李哲です。
この前、化学物質過敏症の患者さんが来て、受けたのは足つぼ40分+整体20分。

 

彼女の体験談は最後にリンクを貼ります。

 

以下では、化学物質過敏症の原因に関して、自分の意見を述べました。

参考になると幸いです。

 

もともと存在しない化学物質過敏症

 

化学物質過敏症は、

もともと存在しないはずの病気です。

 

強いにおいは誰でも気持ち悪くなりますが、普通のにおい(例えばシャンプ)には、過激な反応は出ないです。

 

ほかのたとえ話をすると、体内には悪い菌も多いです。

しかし、体はそのために過激な反応を起こしません。

 

人間の体は動態的なシステムで、ある程度まで敵(毒素.外からの菌など)が増えたら反応するもの。

 

皆さんの部屋に装置した火災探知器と同じです。

1から100までは反応しないけど、101からだと反応する。

 

そうじゃなかったら、体はいちいち反応して疲れちゃいますよ。

 

においに過敏な化学物質過敏症は、「肺」と「大腸」の関連している

 

中医学から言うと、においは『肺』と関係しています。

『肺』はまた『大腸』とつながっています。


毒素(老廃物)が大腸或いは肺にたまって、うまく作動しない場合、におい探知の問題が出やすいです。


普段体内が強いとき、

1から100までは無視しても害にはならない。

 

しかし、内臓が弱くなったら100までは我慢できません。

50くらいでもう警報が鳴ります。

 

こうなると体は具合が悪くなるし、

人はほかのところに逃げたくなります。

 

肺と大腸に傷つけるのはいろいろありますが、

日常での禁止物  は最強の敵です。

 

うつ、悲しみは肺を傷つける

 

肺を傷つけるのは、気持ちの問題もあります。

中医学でいう『鬱傷肺』。

過度の悲しみ.うつは肺を傷つけます。

 

笑う.嬉しい.楽しい。

こういう気持ちは、肺だけではなくて、ほかの内臓にもいい。

 

言葉は失礼ですが、化学物質過敏症になった方は笑わない.楽しくない人が多い。

 

体質改善で化学物質過敏症は治る!治療で大事な3つの要素

 

化学物質過敏症だと言われても、以下の三点を守れば良くなります。

  1. 食べ物を変える
  2. 気持ちを整理
  3. 余裕があれば、つぼ療法.漢方などで体内を強化する

 

体内が強くなれば、簡単に警報がならないし、小さい毒素は害になれません。体自分が全部処理するので。

  

上で話した、化学物質過敏症の方の感想は以下にあります。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

ameblo.jp

 

ちなみに、彼女の肩もすごくこっていました。

大腸経の流れ を見ると分かりますが、肩も通ります。

つまり、肩がこる場合、大腸に何か毒素(老廃物)がたまっている可能性が高いのです。

 

化学物質過敏症は、治らない病気ではないので、落ち込まないでください。


上で話した1~3を実行すれば、体は必ず変わります。

 

(おわり)