本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

子宮筋腫.チョコレートのう腫.子宮内膜症などの病名には怖がらないでください。

【※本記事は2019-08-14更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

現在の小さいお店には、子宮のいろんな問題で来てる方が多いです。生理痛.子宮筋腫など。

 

子宮のトラブルは、簡単に言うと体内温度が下がっているのが原因です。

中医学の言葉で言うと、心臓を傷つけたからです。

 

解決策は体温を上げればいいのです。

 

心臓を傷つけるものは、さんざん言っている食生活に気をつけること。

 

www.li-hari.net

 

そしてもう一つ、気持ちの問題があります。

 

怖がるといけません。

 

過度な怖い.不安.心配などは心臓に悪い。

楽しい.嬉しい.喜びこそ心臓にいいです。

 

私が見たのは脅かされて不安になった患者ばかりです。

 

“病院の先生に、手術しないといけないと言われた”

“何々薬をずっと飲まないといけないと言われた”

 

毎回、こんな患者の心を安定させるのは足つぼ.整体よりも時間がかかります。

 

足つぼ.整体は簡単ですが、

患者の気持ちを安定させるのがもっと難しい。

 

みんな脅かされて、魂が飛んだ状態だから!

 

検査だけで魂が飛んでいった患者さん

 

こういうとき、本当に怒りが沸いてきます。

治療ができないんだったら、ほかのところを紹介すればいいじゃないですか?脅かす必要はありますか?

 

脅かすと病気で死ぬ前に、心がすでに死んでいます。

 

医学というのは、苦痛を減らす学問でしょう?

患者さんを脅かすテロですか?

 

わけ分からない新しい病名をつける。

なぜそんな病気になったかも説明できない。

 

先生もわけ分からない病名は、患者が聞いたらもっと怖がります。

 

常識ですが、戦う前に自信がなくなる.希望をなくすと、いくら体力があっても負けます。

 

特にたくさんの癌患者は、先生の「治らない!」一言で生きる闘志を失い、いいなりになったまま死ぬまで薬漬けになっています。

 

病気治療で、患者さんの気持ちはすごく大事です!

 

www.li-hari.net

 

私は子宮のトラブルを抱えてくる方に、いつも同じ説明をしています。

 

“子宮は心臓がコントロール。手足の温度は心臓がコントロール。だから手足が暖かくなれば、心臓が強くなったのを証明する。子宮筋腫.のう腫も自然になくなる。”

 

患者も分かりやすい言葉で説明する。

治療の方向も示す。

 

そうすると患者も安心する。

自分がよくなっているか、もしくは悪化してるかも分かります。

 

大きな子宮筋腫を持っている女性は、今まで数人診ました。

その中の2つを紹介しますので、よかったらご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

www.li-hari.net

 

中医学の考え方は自然の法則に従っているので、カッコウいいものではありません。

素朴なものだけど、問題を解決します。

 

胃が痛い人は、胃の痛みを消す。

生理痛の女性は、生理が来ても痛くないようにしてあげる。

眠れない人は、朝までグッスリ眠れるように治療する。

 

これが中医学の治療内容。

 

あなたが治したいのはつらい症状でしょう?

わけわからん病名のほうが、大事でしょうか?