本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

冷え性を治すチャンスは真夏まで(2018-06-20修正)

f:id:li-hari:20180620150812j:plain

こんばんは。李哲です。
冷え性の方に話したいことがあります。

 

気温が温かくなっとして、油断しないでほしい。

心臓を強くするのは、これからです。

 

本来、人間の体は自然の変化に従って変わるもの。

自然が春夏秋冬があれば、

人間の体も応じて春夏秋冬があります。

真夏は火が一番強いときです。

火は陰陽五行論から言うと、心臓。

真夏は火が強いから、真夏はいろんな果物.野菜が熟成して、秋はいろんな美味しいものができるわけです。

人間の体は、自然の季節に応じる。

自然のパワーをもらうわけです。

 

心臓が弱い人は、このとき自然が助けてくれるから、心臓が強くなりやすいです。太陽が補ってくれるのから。

 

このとき、心臓の強化ができなかったら、

また来年の夏を待つしかないです。

 

臨床の例を挙げますが、

心臓病で夏になくなる方は少ない。

しかし、冬になくなる方は非常に多いです。

 

冬に死亡率が多いのは、

自然の力を借りることができないからです。

 

冷え性は心臓が弱くなった証拠なので、今こそ真剣に治しましょう!

 

漢方でも、足つぼ.整体でも、チャンスはこの時期です。手足が暖かくなったとしても、徹底的に真夏まで頑張ってほぐしたほうがいいです。

 

自然の神様.GODが助けてくれるときに、頑張って食生活.睡眠時間などを変えれば、冷え性とはバイバイになります。

 

しかし、こんな良い時期に心配のものもあります。

それが冷房。

 

会社の冷房が寒くて、湯たんぽを持っている女性がいると聞いたことがあります。これはあり得ないですね。夏に湯たんぽ??本当にひどい会社です…

 

冷房は電気代.地球の資源を無駄にする、あなただけ涼しくなる以外、何かいいところありますか?

 

冷房を反対している理由は、冷暖房について話したい をご覧ください。

この冷房から自分を守るためには、どんな方法でもいいから。

 

皆さん、自分の知恵を生かして、冷房から自分を守ってください。