本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

中医学は4D空間の医学です

こんにちは。李哲です。

中医学はどんなものか?物理学的に解釈できるものか?

以下の短い記事を見れば、少し理解できると思います。

 

翻訳文

すべての医学には、その価値があります。

どの医学のレベルが高いかを評価するためには、先に中医学と西洋医学の区別から言わないといけません。

 

西洋医学の先生に診てもらうと、MRI.レントゲン.血液検査などの検査で診断。

 

先生がよく言うのは、

「あなたは心臓が悪いから、心臓科に行ってください」

「あなたは腎臓が悪いから、泌尿器に行ってください」

 

つまり、一対一の関係。

点と点の関係。

2D空間の医学です。

 

中医学の先生に診てもらうと、違います。

先生は先進な機械を使うのではなくて、『望.聞.問.切』を使って診断をする。

 

よく言うのは、

「あなたの目の病気は、肝臓に問題があるからです」

「あなたの耳の病気は、腎臓が弱いからです」

 

これは、整体観です。

全体的に見て、関連性から考えるのです。

つまり、中医学は3D空間の医学です。

 

しかし、中医学はここまでではありません。

まだ高いレベルがあるのです。

 

それは、時間観.時空観。 

本当の中医師は、病気がいつ治るか、いつ発作するかの予測ができる。

 

もちろん、こんなレベルまでできる中医師は少ないです。

でも、いないとは言えません。

 

中国の李陽波先生、アメリカの倪海厦(ニハイシャ)先生はできます。

中医学は4D空間の医学なので、現代科学のメンツは立てなくなりました。

 

2Dと4Dの差は、

幼稚園と博士のレベルを比べるのと同じ。

 

f:id:li-hari:20181225165535j:plain

中医学と西洋医学は空間が違う

 

現代医学は2Dだから、3D空間で生活してる人間は、すごく分かりやすいです。しかし、4D空間の中医学に対しては理解するのに難しい。

 

なぜかと言うと、

中医学は直観的なものではなくて、論理思考が必要だから。

 

李哲の感想

例えば、風邪が治ってるかどうかを判断するのは、次の昼の12時くらいに猛烈にお腹が空いたら、もう風邪は治っている。

 

例えば、癌の患者が夜中にお腹空いて、冷蔵庫を開けて食べ物を探すときは、よくなっていると判断。

 

例えば、秋に雨などの湿気にやられると、冬には必ず咳が出ます。

 

西洋医学も最近、時間に気づいてます。

例えば、強心剤の注射を朝方すると、その効果は何百倍も上がる。

 

しかし、西洋医学が気づいたのはまだまだ少ないですね…

 

ここまで話すと、中医学は面白くないですか?

私は大好きだけど。

 

中国の妹に、中医学の本を送ってもらってるけど、1回“変態”だといわれたことがあります。普通の人が読まない本ばかり買わされて(笑)