本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

【翻訳文】糖尿病になってから1年、血糖値がビックリ(2018-03-30修正)

こんにちは。李哲です。

倪海厦(ニハイシャ)先生の文章を翻訳しました。

翻訳文

不景気で患者は薬まで使わなくなった。

 

台湾の国泰総合病院。

一人の糖尿病の患者。

 

1年も薬を使わなくて、再診したとき血糖値は最初の100mg/dlから400~500まで上がった。幸いなのは、治療で血糖値は正常に下がっている。

 

(この患者は一年も治療してないけど、大丈夫だったじゃないですか?現在、また病院に捕まえられ。西洋医学はこんなことも知りません:血糖値はコントロールすればするほど、心臓が危ない!)

 

医師の話によると、患者は不景気で糖尿病があるけど、診察に行ってない。のどが渇く症状だけだったので、患者はずっと我慢したのだ。そして、血糖値が500まで上昇。

 

(この患者は自ら地獄を探してます。こんなとき、中医学の先生に診てもらうべき。西洋医学のコントロールはダメです。)

 

ニハイシャ先生の評論:

 

血糖値が高くなったとき。

ずっとのどが乾く。小便が多い。全身がだるくなるなどの症状がある場合、

中医学の先生に診てもらうべきです。

 

西洋医学のやり方で、強制的に血糖値をコントロールすると、

もっと問題が増えて寿命も縮まります。

 

血糖値をコントロールした最後は、人工透析と足の切断。

 

血糖値がコントロールできない、切断するところがないとき、患者には死ぬ道しかありません。

 

昔の台湾の大統領:蒋経国さんをよく見てください。

糖尿病で西洋医学の信者でした。

 

しかし、最後は悲惨な死。

足を全部切断して、最後は切断するところがなくて死んだのです。

 

他人の教訓、銘記してください!

李哲の感想:

何年か前に、糖尿病患者の足つぼをやったことがあります。

しかし、効果はほとんどなかったです。

 

その患者はずっと薬で血糖値をコントロールしてました。

 

今考えたら、そのときの自分は知識が足りなかったです。

薬を止めて、インシュリン注射を止めれば、血糖値がもっと下がって体調がよくなったかも知れません。

 

薬を飲みながら足つぼをやって、

足つぼは化学物質に勝てるか?

 

今になって、やっと反省しました。勝てません!

 

自然療法の足つぼ.整体を試すか。

或いはインシュリン注射に頼るか。

 

道は一つだけ。