本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

子宮頸がんの調査:8割の人は効果が分からない(2018-02-15加筆)

こんばんは。李哲です。

 

子宮頸がんワクチンに関するニュース評論です。

赤い文字はニハイシャ先生の言葉。

 

翻訳文:

 

台湾の台北県政府は、毎年1億5千万元の経費を出して、県内の少女たちに子宮頸がんワクチンの接種に使っている。

 

(これは製薬会社が、政府からお金をもらうやり方。ワクチンは逆に病気を作ります。)

 

しかし、民間世論の調査によると、8割の人がワクチンの有効期間、副作用を知らない。

民衆が自分で選べるように、政府は詳しい資料を提供する必要があるという声も高い。

 

(これはすごく正しいやり方です。例え、子宮頸がんワクチンの副作用が子宮頸がんになる場合、どうしますか?)

 

3本で1万2千元の子宮頸がんワクチン。

本当に一生あなたを守ることができるか?

 

調査によると、8割の人はワクチンの有効期限が6年から7年であることを知らない。

 

ワクチン接種して、性行為がある場合、予防効果に影響があるというのも、7割の人が知らない。

 

どんな副作用があるか?

もっとたくさんの人が知らない。

 

ワクチン接種しても30~40%の人は癌になっているそうだ。

 

(3本のワクチン。そのコストは3元しかないかも知れません。しかし、1万2千元まで売っています。民衆が買えないから、政府に買わせるのです。しかも、ワクチン接種しても癌になる可能性がある。接種する必要はどこにありますか?)

 

テレビでは有名人を使って、子宮頸がんワクチンの広告をガンガン出している。

でも、民衆はワクチンに関して知っているのがすごく少ない。

 

医師の話によると、性行為がなくても子宮頸がんになる。

これは、極めて珍しいことである。

 

(性行為がなくても子宮頸がんになる。これは、子宮頸がんの原因はHPVウィルスではないことを証明します。

なぜワクチン接種する必要がありますか?)

 

医師が強調しているのは、子宮頸がんはHPVウィルス感染が原因。

99%以上の患者は、性行為から感染されている。

 

(これは、製薬会社の話です。ワクチンの本当の副作用は、絶対口に出しません。)

 

評論:

 

もともと、子宮頸がんは全ての女性がかかる病気ではないです。

 

みんながワクチン接種をして、子宮頸がんにならなかった女性がいたら、ワクチンの功労だと宣伝します。

 

逆に、子宮頸がんになった女性がいたら、『ワクチンは30~40%の保護しかできない』と言い訳します。

 

どちにしても、ワクチンのせいではないです。

たくさん儲けて、問題が出たとき責任を負う必要もない。

 

もし、政府が製薬会社と契約するとき、ワクチン接種しても癌になった場合、一人当たり5億元の賠償をする。と書いたら、皆さんは製薬会社の本当の顔が分かります。

 

女性の皆さん、

製薬会社が100%保護することができないと言ってるのに、ワクチン接種する必要はありますか?

 

子宮頸がんの原因が、本当にHPVウィルスだと仮説します。

 

ワクチンというのは、ウィルスの毒性を弱くしてから体内に注射するやり方。これで、体内の免疫システムがウィルスを認識し、抗体を作るようにさせるのです。

 

しかし、ここで質問があります。

 

本来、体内にこんなウィルスがない女性。無理やり体内にウィルス(ワクチン)を注射して、最後は子宮頸がんになった。こういうとき、誰が責任を持ちますか?

 

女性の皆さん、

私の話を信じてワクチンを接種しないでください。

 

ワクチンの副作用に関して、製薬会社は本当の話をしてない。

ワクチン効能も過大宣伝しています。

 

李哲 語:

 

昔、台湾のニュースを見て大笑いしたのは、お婆ちゃんが病院の先生と大喧嘩したこと。

 

先生は子宮頸がんだと診断して、複雑の性行為が原因であると話したのです。

 

しかし、お婆ちゃんは主人が亡くなってから40年間、男性を触ったこともないのに、こんなに名誉を傷つける話は許せないと激怒。


皆さん、気をつけたほうがいいです。

病気になっただけではなくて、一生守った名誉まで汚されるかも知れません。

 

関連記事:

li-hari.hatenablog.com