本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

【翻訳文】B型肝炎.C型肝炎で肝臓がんになる(2018-03-29修正)

f:id:li-hari:20180701224056j:plain

こんにちは。李哲です。 

いい事例がいっぱいあったけど、またあとで書きます。

 

今日は、ニハイシャ先生のニュース評論を伝えます。

赤い文字のところは、先生の言葉。

翻訳文

研究データによると、肝臓がんで診療に来る人、4割はすでにステージ3だそうだ。台中市澄清医院の追跡研究で分かったのは、肝臓がんになった人の中、B型肝炎が41%、C型肝炎が36%占める。

 

澄清医院の副院長黄仁傑さんの話では、B型肝炎とC型肝炎は肝臓がんの元だから、速く治療しないといけない。

 

(こんな研究は信用しないでください。製薬会社がB型肝炎とC型肝炎の患者にインターフェロンを売るためです。結果を怖くして、脅かさないと薬が売れません。)

 

澄清医院の肝臓がん専科は、患者の生存率と生活品質を高めるために、定期追跡のやりかたで一番いい医療を提供している。

 

(うそなのに、きれいに話してます。西洋医学と西洋薬は絶対肝臓がんを治せません。)

 

澄清医院の副院長黄仁傑さんの話では、統計によると40%の患者が診療に来たとき、すでに第三期の肝臓がん。1年生存率は53%しかない。しかし、肝臓がんの初期の場合は、85%~100%。いかに早期発見.早期治療は大事だと話している。

 

(この統計は西洋医学のむなしさを証明してます。肝臓の病気には、解決方法がありません。)

 

統計数字によると、澄清医院に入院した肝臓がんの患者、男女比例は3:1。男性は60~69歳のほうがが多い(32%)。女性は70~79歳のほうが多い(32%)

 

副院長黄仁傑さんの話したのは、今度の統計で分かったのが、B型肝炎で肝臓がんになった患者が一番多い(41%)。C型肝炎で肝臓がんになった患者は36%。

 

14%の患者は、B型.C型肝炎ではない。アルコール.薬物が原因であるそうだ。

 

(最後の青い文字のところこそ重点です。)

 

肝臓がんの治療の統計によると、第一期肝臓がんの生存率は85%~100%。第二期の生存率は73%。第三期の生存率は53%。第四期の生存率はわずかの18%。

 

(西洋医学は治療ができないから、生存率で自分の弱点を隠してます。治療ができないなら、正直に言えばいいじゃないですか?)

 

ニハイシャ先生の評論:

 

皆さん、B型肝炎あるいはC型肝炎になったとしても、怖がらないでください。このような研究の裏には、製薬会社のインターフェロンを売るためです。先に脅かさないとインターフェロンは売れません。

 

私の話を銘記してください。

B型肝炎.C型肝炎でもかまいません。

 

一生、西洋薬から離れてください。

ビタミン剤などサプリメントも同じ。

 

そうすると、あなたは肝臓がんにはなりません。

 

西洋薬の化学毒素は肝臓に負担をかけるだけ。

肝炎になった患者がもっと肝臓がんになりやすくなります。


長期的にサプリメントを飲む方も肝臓がんになりやすくなる。

なぜかというと、サプリメントはがん細胞のご飯になるから。


サプリを食べれば食べるほど、がんになりやすくなります。

 

B型肝炎.C型肝炎で肝臓がんになった患者はすごく少ないです。もしあなたが西洋医学の話を信じて、インターフェロンでB型肝炎ウィルス.C型肝炎ウィルスを殺そうとしたら、肝臓の中のウィルスがもっと活発になります。

 

インターフェロンはウィルスを殺すことができません。

 

あなたがインターフェロンを飲んだ結果、もっと大量の化学毒素が肝臓がたまって、肝臓がんになりやすくなるのです。肝臓がんになりたくないなら、中医学の先生に診てください。

 

上のところで青い文字で書いてるところ。

このニュースの重点です。

 

統計で証明したのは、

B型肝炎.C型肝炎でなくても肝臓がんになります。

 

アルコールと言うのは、もちろん飲酒過量の人。

薬物というのは?

西洋薬です!

 

知っているのに、また西洋薬を食べている。

肝臓がんにならないわけがないです!

 

台湾が世界一の肝臓がんの島になったその原因。

台湾人が西洋薬とサプリメントが大好きだから。