本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

精神薬の副作用で肝不全になり、今までの足つぼ整体の施術効果が、すべて台無しになった!

【※本記事は2019-07-29更新しました】

 

こんばんは。李哲です。

先日、ある女性から悲しい報告を聞きました。

皆さんは、まだブログに書いた若いうつの患者を覚えてますか?

 

www.li-hari.net

 

彼はもう来てないです。

てっきりよくなってたと思いましたが、実は違ってました。

 

彼は肝機能障害になり、入院になったのです。

 

この話を聞いて私はビックリしました。

最後に来たとき、彼は調子がよかったのです。

 

最後施術したとき、彼は手足が温かくなり、睡眠もよくなり、薬を減らしていると聞いたのに、肝不全になるなんて信じられないです!

 

この女性は医学に関しては素人だけど、はっきり言ってました。

「薬が原因でしょう...」

 

この例を書くのは、皆さんに慎重に考えてほしいからです。

化学薬品の『威力』は、本当に強い!

 

足つぼ整体の効果は、西洋薬で台無しになった

 

彼は足つぼ.整体を30回も通って、

やっと調子がよくなりました。

 

しかし、化学薬品の前ではすべて台無しになったのです。

30回の施術の効果、ほとんどなくなりました。

 

私はなんの為に働いたでしょうか?

 


 

精神科の先生。

お願いします。

化学薬品を渡さないでください。

患者に生きるチャンスをあげてほしいです。

 

上で話した彼。

彼の家では唯一の子供です。

 

肝不全の次は肝硬変、肝臓がん。

最後は肝臓移植するかも知れません。

 

薬を処方した先生が、自分の肝臓を提供するのですか?

唯一の子供がなくなったら、誰が責任を持ちますか?

 


 

もし最後死んだら、みんな知らないふりをする。

「肝臓の病気だから精神科とは関係ない。」

 

これがあなたが誓った神聖な診療ですか?

 

こういう先生は、いつか私が漢方処方できたとき、いつか鍼灸師になったとき、あなたが目の前で苦しんで死んでも治療しません。

 

倪海厦(ニハイシャ)先生の話は正しかったです。

こんな先生が一人でも少なくなれば、死ぬ患者も減る!