本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

6歳の子供が肝臓がんになったのは、B型肝炎ワクチンの副作用

【※本記事は2020-05-15更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

倪海厦(ニハイシャ)先生のニュース評論を伝えます。肝臓がんを予防する4つの注意点も書かれているので、参考になると思います。赤いカッコ内の文字はニハイシャ先生の言葉。

 

B型肝炎ワクチンは肝炎を予防するところか、逆に肝臓が悪くなり肝臓がんになる可能性すらあります。B型肝炎は漢方薬・鍼灸でも治るので、近くの信頼できる鍼灸医・漢方医に治してもらってください。

 

以下はB型肝炎に関する2つの症例、参考になると幸いです。

www.li-hari.net

 

www.li-hari.net

 

翻訳文

肝臓がんの年齢層はどんどん下がり、中老年だけの病気ではなくなりました。台湾大学病院(簡略して台大病院)では、6歳の子供が肝臓がんになったケースもあります。

 

子供のお母さんはB型肝炎ウィルス携帯者。子供が生まれるときはワクチン注射をしたけど、やはり遅かったです。子供のB型肝炎はすぐ悪化して、発見したときはすでに肝臓がんの末期。

 

(このケースは、確実にワクチンの副作用です。ワクチン注射しなかったら、子供が肝臓がんなることはなりません。)

 

ワクチン注射するとき、痛くて泣く子供が多いです。親の心も痛いはず。しかし、ワクチン注射をしたからといって、B型肝炎にならないとは保障はできません。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20181226/20181226153458.jpg

 

6歳の子供は、最初食欲がない.疲れやすいなどの症状があって、最後はお腹が大きくなりました。親は胃腸の病気だと思っていたけど、実は肝臓がんの末期だったのです。原因はB型肝炎ウィルスの豹変。

 

(子供は西洋医学に殺されています。)

 

医師の統計によると、こんな症例は珍しい。

6歳~14歳の子供が肝臓がんになる確率は、100万人に2人。

 

台湾大学病院胃腸科の主任:張恵美が言うのは、「お母さんが持っているウィルスは、量がかなり多かったです。あるウィルスは豹変しやすいから、ワクチンは子どもを守ることができかったです。」

 

(何でウィルスをたくさん持っているお母さんは、肝臓がんになってないですか?)

 

e抗体陽性のお母さんは要注意です。赤ちゃん生まれてからワクチン注射しても、B型肝炎になる確率は10%もある。現在、台湾でも毎年500人の新生児が病気になっています。

 

(ワクチンのために言い訳を作っています。)

 

医師の勧告では、

「3回のB型ワクチン注射は必要がある。

特にB型肝炎ウィルスを持っているお母さん。」

 

(皆さん、ワクチン注射しないでください!子供の肝臓がんは、B型肝炎ワクチンが原因です!

 

ニハイシャ先生の評論:

 

ただのB型肝炎、ここまで大騒ぎする必要はありますか?

しかし、製薬会社はこの機会を利用して、恐怖を煽って、ワクチンでぼろ儲けができます。

 

皆さん、製薬会社に騙されないでください。

B型肝炎が肝臓がんになるのは、患者が自分を守る知識がなかったからです。以下の知識さえあれば、肝臓がんにはなりません。

 

1.過労。

夜更かししながら、マージャンなどやるのは一番悪いです。あなたがB型肝炎でなくても、肝臓がんになります。

 

有名なアップル会社の首席執行長:ジョブズ(Steve Jabs)が肝臓がんになった原因、彼の仕事大好きと関係あります。何日も寝ないで仕事に没頭する。鉄人でも肝臓がんになります。

 

2.お酒を控える。

毎日、大量のお酒は必ず肝臓がんを作り出します。

 

3.西洋薬とビタミン剤を止める。

 

4.B型肝炎ワクチンを止める。

B型肝炎ウィルスを殺す薬を一切飲まない。飲むと逆に肝臓がんになりやすくなります。