本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

足つぼ・整体で腸閉塞(ちょうへいそく)を治療し緩和した例(2018-12-12修正)

こんにちは。李哲です。

何ヶ月前に、読者からのコメントがありました。

 

テレビ番組「カンブリア宮殿」に漢方の会社の社長が出て、『大建中湯』 が腸閉塞に効くと話したそうです。しかし、私が臨床で見たのは逆の例でした。個別の例かも知れませんが、効いてなかった(あとでその例を書きます)

 

『大建中湯』 は確かにすごいものですが、生薬の使用量を間違えていると思います。

 

これは、日本の漢方に共通するもの。

使用量が少ないから、速く症状を治まることができません。

 

次に、『大建中湯』 が効かなかった例を紹介します。

 

患者は男性、30代。

彼は何年か前から、毎年2回発作が起きるそうです。

 

自覚症状を簡単に言うと、

お腹が死ぬほど痛い。

横になって何も食べないで、何日か休めば治るそうです。

 

病院の検査では「腸閉塞ではないかな?」と言われて、ずっと漢方の『大建中湯』 も飲んだそうです。しかし、再発は相変わらず。

 

f:id:li-hari:20181027145910j:plain

蜀椒(四川の胡椒):大建中湯の中の生薬。


彼が来たときは、ちょうど毎年2回発作する時期でした。発作するのが怖くて、その前に治療に来たのです。

 

背中などすごく張っていたので、足つぼ+整体をすすめました。

 

案の定、背中の胃腸.肝臓.腎臓のつぼはガチガチでした。

痩せているのに、あまりにも固まって鉄板みたいな感じ。

 

日常での禁止物  に引っかかるのは、コーヒー.サプリメントがありました。詳しく説明をしたら、彼は止めると決意したのです。

 

これ以外に、彼はまた一つあります。

冷たい飲みものを飲むときが多い。

 

胃腸が冷えるわけです。

 

腸閉塞(ちょうへいそく)腸捻転(ちょうねんてん)は、大人.子供と関係なしで原因は同じです。

 

それは、胃腸のすごい冷え。

腸は寒すぎて動きが止まり、隣の腸とくっ付いて激痛が走る。

 

冷えは外からの寒い空気もあるし、口から入れる食べ物でもあります。

外の寒気(冷房.冬の寒さなど)は変えられることはできなくても、口に入れる食べ物は変えられるでしょう?

 

コーヒーとサプリメントは、体内を冷やす。

だから、食べるものではありません。

 

f:id:li-hari:20180329152037j:plain

体内の冷えを作り出すコーヒー!



彼は日常での禁止物  を止めて、整体を何回か受けている間に、腸閉塞は発作しなかったです。ほかにある変化は、睡眠の質がすごくよくなって彼はビックリしてました。


上半身がこわばって、寝た気がしないのが回復されたのです。
背中がコリがゆるくなったのは、胃腸の調子も戻ったのを証明します。つまり、腸閉塞を怖がる必要はありません。

彼は何回か受けて、それ以来は来てないです。
きっとお腹の調子が悪くなってないと思います。

 

完璧に健康に戻ってはないですが、少なくて彼は腸閉塞の脅威から離れています。


本当に、このまま調子が悪くならないのを祈ります。

 

ある人たちは患者が一生来て欲しい(マネーが来て嬉しい)と考えてるけど、私はそう思いません。

 

ずっとこないで欲しい!

ここは遊園地ではありません。

 

調子が悪い場合は、通う必要があります。

しかし、心配の症状がなくなり、元気になった場合は“卒業”させるのです。

 

いつ調子が悪くなったら、時間とお金に余裕があれば、そのときまた来ればいいじゃないですか?

 

いつも楽しく会話できた人に会えなくて寂しいのもあるけど、元気で健康にいてくれれば、何よりも嬉しいです。

 

2018-07-02追記:

癌の手術後に腸閉塞(腸のゆちゃく)で、鍼治療をした方の記事があります。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

ただの腸閉塞よりも重症だけど、鍼治療で十分な効果が見られました。

癌が治った症例ではないですが、少なくとも腹痛・食欲不振などの自覚症状は改善されています。

 

漢方薬と鍼灸は、絶対あなたの体調不良を治せます。

何かあったら、近くの信頼できる漢方医・鍼灸医に診てもらってください。