本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

センナ茶の副作用は、体内が冷えること!センナ茶で便秘を治すの間違いです!

【※本記事は2019-06-04更新しました】

 

こんばんは。李哲です。

一人の女性、何十年の便秘で、1週間出ないときもあるそうです。

 

「便が出ないときは、センナ茶を飲んで出します。センナは生薬の一つです」、と彼女が教えてくれました。

 

日本語だとどういう薬か分からないので、中国のネットで調べて分かりました。「番泻」という中国名で、性質は寒くて腸に刺激が強い生薬。つまり、飲むとすごい下痢になる生薬で、大黄と似ています。

 

便秘の患者が下痢になると、

あ~便が出た!と思うでしょう?

しかし、普通の排便はこんな感じですかね?

 

センナ茶を飲まないと便が出ない。飲むと水様便が出る。

これは、便秘に効くものではなくて、ただの下剤(お腹を壊す)です。だから、便秘も治りません!

 

それところか、腸の壁を壊すので、使う時間が長くなればなるほど、腸の動きがどんどん悪くなります。つまり、あなたの健康状態はさらに悪化します。

 

センナは寒い性質のものです。

腸に熱が溜まり、熱で腸の水分が少なくなって便秘になったときは、効き目があるかも知れません。

 

悪いけど、漢方に詳しい先生は便秘を治すときセンナを使わない。同じように、大黄だけで便秘を治す漢方医もいません。漢方薬は必ず共同作戦、単品だけ使うケースはきわめて少ないです。

 

長年の便秘の方は、大体逆のパタンーです。熱が溜まって便秘になったのではなくて、寒きが溜まって便秘になるのです。

 

腸が寒いのに、また寒い薬を使用。

「火に油をかける」と同じです。

 

センナ茶で「快便」している人がいたら、止めてください。

特に年寄りが使うのは、命削るやり方。

f:id:li-hari:20180628201629j:plain

番瀉葉(センナ)の画像

 

便秘を治すのには、ほかの漢方薬・自然療法があります。

(生薬を使う場合は、薬局の先生に相談してください)

 

上で話した女性は次に来たとき、「センナ茶飲まなくて、最初の3日くらいは出なかったけど、最近は便通がだいぶよくなった」と教えてくれました。

 

胃腸を冷やすコーヒーなどを止めれば、つぼの刺激で十分戻るのです。

 

彼女の自覚症状は多すぎて、数え切れません。便秘以外に、汗が多い.首肩が痛い.腰が痛い.のぼせる.背中が痛い.全身がだるい.寒がりと熱がり.生理不順など。

 

解決次第にまた記事として書くかも知れません。

印象に残っている彼女の言葉は、「前回の足つぼがあまりにも痛くて、先生を蹴っ飛ばして殴ってから帰ろうかと思った!」

 

私をナイフで刺したい人がいる。

私を蹴っ飛ばしてから、殴りたい人がいる。

 

9つの命があっても、無理ですね…