本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

「牛乳神話」のうそ

【※本記事は2019-08-23更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

倪海厦(ニハイシャ)先生のHPで見たのを翻訳しました。

牛乳は体に良くないという情報です。

 

自分なりの言葉で、節録だけ翻訳したので、つながらない場合はご理解をお願いします。

翻訳文

1.私の質問:

「乳牛はなぜ乳を作るでしょう?」

 

彼女の答えは典型的:

「乳が出なかったら、乳牛といえますか?」

 

私の質問:

「あなたは乳を出しますか?」

 

彼女はビックリして、

「なんの話ですか!」

 

私は笑いました。

人間は妊娠したから乳が作れます。哺乳類の牛も人間と同じ。子孫のために乳が出るわけです。乳牛がずっと出せるのは一つの原因しかありません。」

 

ずっと妊娠すること?これはあり得ない!」

彼女はビックリしていました。

 

しかし、これが現実なのです。

 

問題は、全ての乳牛が妊娠できるとは限らない。

現代牧場での解決方法は、乳牛に女性ホルモン剤を打つ。

不自然に牛乳を出すのです。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180402/20180402134940.jpg

 


 

2.現代の乳牛は生後2歳から妊娠できる。

その時間は9ヶ月。

 

1頭の牛ママから搾り出す牛乳は、子牛の必要量の10倍以上。だから、30%以上の牛ママは、乳腺炎になっています。

 


 

3.牛乳は子牛すら飲まない。

 

外国での実験があります。

 

●市販の加工した牛乳を子牛に飲ませる。

●もう一つは、何も加工してない新鮮な牛乳を飲ませる。

 

加工した牛乳を飲ませた牛ちゃんは、60日で死亡。

何回も実験しても同じ結果でした。

 

「病気にならない生き方」(新谷弘実著)にも、同じ実験の結果を書いてます。

 


 

 
4.全ての哺乳類は乳を出せるのは、自分の子孫のためです。

哺乳期が終わってから、乳を飲み続ける動物はいません。

 

成年の動物が、違う種類の動物の乳汁を飲む必要もない。

 


 

5.牛乳の中に入っている天然なホルモン:IGFー1は、人間の体にどんな影響があるか?

 

その1:性早熟。

女の子は5,6歳で生理がくる。

逆に、男の子は生殖器が小さくなります。

 

その2:脳がダメになる。

 

日本の七田 真 さんも本で書いてますが、牛乳は脳にダメージが強いです。

生まれた子供は、自閉症.話せない.頭が悪いなどの副作用があります。

 

その3:命が縮まる。

 

天然ホルモンIGF-1は、細胞を刺激して増殖することができます。

つまり、細胞の死ぬスピードを加速する。

 

天然ホルモンIGF-1で背が多少は伸びるけど、その代価は短命であること。

 

その4:がん細胞の増殖を加速する。
牛乳に入っているたんぱく質は、がん細胞の増殖を加速する。その威力は化学物質よりも強いです。

李哲の感想

牛乳を飲めばアメリカ人みたいにでかくなると思い込むのは、止めてください。大きくなるかも知れませんが、病気もいっぱいもらいます。

 

子牛すら飲まない牛乳を、人間が飲んで病気にならないわけがないです!

 

私が一番ビックリしたのは、3番目。

市販の牛乳を牛ちゃんにあげたら2ヶ月で死亡。

 

テレビでは実験を中継してくれないですかね?

たとえば「シルシル見○る」番組(笑)