本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

腰から足にかけての痛みと、さよなら~

【※本記事は2019-04-13更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は山から転落し、その後からひどい腰から足にかけての痛み・しびれで困った女性の施術例です。

 

 

腰、お尻から足まで痛い・しびれる女性

 

この女性が最初来たときの症状は、

腰からお尻にかけて痛み。

 

ひどくなると、お尻から足の外側にかけて、痺れと痛みで長く歩けない。座って仕事するのもつらい。


最初来たとき、彼女は駅からお店まで歩くのも大変だったそうです。

つまり5~6分の距離も歩くのが大変だったのです。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180412/20180412165630.jpg

 

山から転落したのが、痛みのキッカケだった

 

詳しい話を聞いて分かったのは、

彼女は事故に遭ってから痛みなどが生じたのです。 

山から転落、しかも石の上に転落。

高度は大体7~8メートル。


落ちた瞬間、彼女は意識不明になったそうです。

目が覚めたら、すでに病院に運ばれたところ。

病院の先生にも、「生きたのが奇跡だ」と言われたそうです。

 

骨折などなかったので、すぐ退院して自宅安静。

しかし、彼女のスネと太ももは打撲で、象の足みたいに腫れました。腫れが完全に消えるまでは2ヶ月くらいかかったそうです。

 

その後、彼女はいつもお世話になっている、オステオパシーの先生に診て貰ったら、先生は「ここまでひどいと治せない...」と言ってました。

 

痛みとしびれで、夜は眠れなくて涙まで出る。

ちょっとの距離でも、足を引きずりながら歩く。

 

これが彼女がお店に来たときの状況でした。

 

足つぼ整体の効果が安定しなくて、鍼灸治療をすすめ


最初、私はただの座骨神経痛だと思い、足つぼと整体をやってみたけど、著しい変化はなかったです。よくなったり、また調子が悪くなったり、完治ができない。

 

ある日、私は彼女に話しました。

「整体だけでは無理なので、ほかの治療院を探してみたらどうですか?漢方.鍼灸のほうがもっと効果があると思います。」

 

そのとき正直に言って、私は施術を止めようと思いました。

効果がない療法を続けるのは、患者のお金と時間を盗むのと同じだから。

 

彼女はこの提案を受け入れ、近くの漢方屋と鍼灸院に通い始めました。しかし、整体は止めなかったです。

 

「鍼灸と併用して治療するから、早く普通に歩きたい」と、涙目でお願いされました。

 

彼女の顔を見て、

私も頑張るしかなかったです。

 

お尻の痛いはずのツボが、逆に気持ちいいと言われる

施術途中で気づいた不思議なことがありました。

普通の人は、お尻の外側を押されるとすごく痛いはずなのに、彼女は「気持ちいい。もっと押して欲しい」と言うのです。

 

自分の推測ですが、おそらく彼女は転落時、お尻の外側もぶつかったと思います。つまり、おしりの中の深いところに瘀血(おけつ)がある。

 

うまい漢方の先生或いは鍼灸師だったら、すぐ悪血を取ってくれたかも知れません。足つぼ.整体の効果は遥かに弱かったです。

 

足つぼ整体1年未満で「卒業」 

こちらに通ったのは1年未満。

途中で漢方と鍼灸も取り入れて、去年の年末、彼女は卒業しました。

 

普通に歩けるようになったから。

 

最後の日は「先日調子に乗って山を歩いたら、筋肉痛になったよ」と話したので、整体したら「痛い痛い!」と叫び。しかし、今度の痛みは筋肉痛の痛みでした。去年の眠れないほどの痛みと痺れではありません。

 

彼女は帰るとき握手を求め、私の指のたこを見て、「この手で私をいじめましたね~」と笑ってました。確かに、足つぼは最後まで痛かったから。

 

足つぼ整体は「いじめ」だと言われた(笑)

足つぼ整体は「いじめ」だと言われた(笑)

 

「また不具合があったらお願いするかも」と彼女は言ってたけど、私は二度と会いたくない。

 

このような不運に、二回目も遭うからまた会うことになるでしょう?そんな願いはしたくないです。

 

まとめ

 

この例を書くのは、

けっして「整体のおかげで治った」と言うつもりはありません。

むしろ、整体はそこまで効いてなかったです。

 

漢方.鍼灸の力がなかったら、完治は難しかったと思います。

 

お尻の痛み。

腰痛などには針がとても早く効きます。

 

以下、一つの症例があるのでご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

彼女は一番最初、太ももが象の足みたいに腫れたとき鍼灸に頼れば、ここまでひどくならなかったかも知れません。鍼灸院の先生も同じ話をしたと彼女は言ってました。

 

事故に遭った方。

もし痛み.痺れがあったら、すぐ自然な治療を受けることをすすめます。鍼灸と漢方が一番のすすめ。何もなかったら整体でもいいです。

 

どれだけ腫れても、痛みがあっても構わない。

とにかく早めに治療を受ける。


そうすると治療期間が伸びないので、苦痛の時間が短くなります。

 

※注:

よく病院では「ケガした後はマッサージしちゃダメ」というけど、耳から流して良いです。

 

包帯.ギブスと抗生物質以外に、何も分からない彼ら。

反対する理由は、おそらく自然療法で治っちゃったら面子がないからでしょう。

 

骨折してない限り、ツボを刺激する整体は腫れなどを緩和して、局部の炎症を早く治すことができます。