本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

背中の急な痛みを整体と吸玉4回で治した例、急な痛みには子供の尿が最強に効く!

【※本記事は2019-06-04更新しました】

整体と吸玉4回で、背中の急な痛みを治した

 

こんにちは。李哲です。

今日は背中を急に痛めた女性を治した症例。

 

この女性は最近始めた馬術に慣れてなくて、背中のを痛めたのです。 

彼女がお店に来た日は、ちょうどケガした次の日。

 

痛いところは横隔膜の後ろ、肩胛骨のちょっと下。

寝返りも出来ないくらい痛いそうです。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180601/20180601134322.jpg

 

治すためには、整体をメインにしました。

しかし、昨日痛めたばかりなので、強く押すと跳ね返る痛みで彼女は息もできないくらいでした。

 

弱めの「こん法」で、けいれんしてる筋肉を安らげ、その後徐々に力を入れるしかなかったです。

(注:こん法というのは整体のやり方。拳を丸めて転がしながらやる。よくローラでやってますか?と聞かれます。)

 

最後は、吸玉を置き。

 

次に来たとき、彼女は「寝返りが出来るようになった」と話しました。でも、背中の一点だけ痛いのが気になる。

 

今度は整体だけで、吸い玉はナシ。

 

3回目に来たとき、彼女は「ほとんど痛みがなくなった」と話してました。

4回目に来たときは完璧に回復、何の支障もありません。

 

鍼治療の場合は、もっと早く治ります。

1回で治るケースもあるので、以下の記事が参考になると幸いです。

 

li-hari.hatenablog.com

子供の尿(童子尿とも呼ぶ)が、急な痛みに最強に効く理由

 

彼女はよくなったと喜んでたけど、実は整体は大した物ではありません。中医学はもっとスゴイ解決方法があります。

 

昔の中国では、交通手段として馬に乗るときが多かったです。しかし、みんなモンゴル族みたいに乗馬がうまいわけではありません。

 

だから、よく馬から落とされてケガをしたりしました。

運が悪い人は、馬に胸とかお腹を蹴られて内出血。

 

人間の拳に打たれても痛いのに、

馬に蹴られたら大変な事になるわけです。

 

そのときはどうしたか?

中医学の緊急治療方法があります。

 

子供の温かい小便を飲む。

(童貞じゃない子供はダメ!)

(大人の小便はさらにダメ!)

 

子供の小便を中医学では、「童子尿」と言います。

「童子尿」の作用は、悪血を溶かす力がものすごく強い。

 

「童子尿」を飲むタイミングは、ケガしてからすぐが一番いい。1週間経ってからだと遅いです。

 

中医学の緊急救命には、ほかの治療法もあるので、以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

皆さんはきっと、「え?尿を飲んで治る?ありえへん!!」とするでしょう。


しかし、事実は弁論より強いです。
中国の歴史記載もあるし、近代も使った先生がいます。(私はまだぎっくり腰とか打撲とかないので、飲んだことありません。しかし、いつか事故に遭ったときには飲むと思います)

ぎっくり腰になった人は、童子便があれば飲んで見てください。あなたの想像を超える効果が現れます:その場で治るから!

中には「いやだ!気持ち悪い!」という方もいるでしょう。

 

「死んでも小便は飲まない!」

「中医学って、迷信ばかり!」と思うなら、仕方ないですね。

 

あなたが信じている方法で治してください。