本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

足つぼ.整体を何回受けたらよくなるか?(2018-03-24修正)

こんばんは。李哲です。
 
初めてくる方は、こんな疑問があると思います:
何回受ければよくなるか?

正直に言って、これは難しい答えです。
 
人それぞれ生まれつきの体質が違う。代謝の早さも違う。今まで飲んできた化学物質.貯めてきた毒素の量が違う。
 
だから「何ヶ月でよくなります!」と答えられません。
 
確かに1回、3回くらいでよくなった記事を書いてますが、これはすべての人に通用するものではないです。
 
かつて、私も患者の経験をいっぱいしてるので、「早く治したい!」「早くこの痛みから逃げたい!」の気持ちはよく分かります。
 
しかし、冷静に考えてほしい。
 
建設と破壊。
どちらが早いか。
 
なぜほかの人は病気にならないで、自分だけなったか?
 
自分が何かを間違えてないか?
 
原因を分析して、その原因を解除すれば、病気はよくなるのです。
 
例え話をします。
 
乳製品(チーズ.パター.ヨーグルトなど)を20年.30年食べ続けて、最後は大きい子宮筋腫.乳がん.前立腺がん.骨そしょう症…だと診断された。
 
あなたが病気になるまで20年.30年の時間がかかりました。
 
治るのに3年かかる場合、この3年は長いでしょうか?

3年は長すぎ。
3ヶ月で、1ヶ月で治してくれ!
 
こんな人に必要なのは、治療家ではありません。
 
ハリウッド映画に出てるヒーロー(スパイダマーンなど)が必要です。

中国語には、
「病来如山倒、病去如抽丝」の言葉があります。
 
その意味は、病気が来るときは富士山が崩れるように早い、治るときは糸を抜くように遅い。
 
病気を治すのは、体質を変えるのは、持久戦です。
頑張ってある期間耐えないといけません。

 

途中でいい変化が現れたら、続ければいいのです。
6つの健康症状 が出たときは、もう止めていい。
 
足ツボもそうですし、漢方.鍼灸なども同じ基準です。
 

f:id:li-hari:20180525234809j:plain

 
今はないですが、
昔かなりショックな質問がありました。
 
「回数券買うけど、10回で治せますか?」
 
この挑戦状みたいな質問、一昨年の患者の発言です。
 
病院の薬は、何年飲んでも文句がない。
 
しかし、足つぼ.整体10回で効果が出なかったら、足ツボはダメだと言う。
 
皆さん、手を胸に置いて、
良心的な話を聞かせてください。
 
この判断は、公平でしょうか?
 
本来の病気を治すのに、もともと時間がかかるわけです。
 
しかし今は本来の病気以外に、プラス猛毒の化学物質(何年分)。
 
こんな状況で10回で治せますか?の質問に、私は言葉を失います。
 
自然療法は「標準治療」のしたっぱですか?
 
尻拭きの役割ですか?
 
もし同じ質問があったら、私はこう答えます。
「病院での治療と同じ時間をください。良くなることを約束します。」

 

プライブケアの施術は、
基本的に3ヶ月を1つのサイクルとしてます。
 
3ヶ月やっても効果がなかったら、違う治療院を探すか或いは続けて治療するか。
 
これは患者本人が決めるもの。
こちらではそれ以上勧誘しません。