本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

足ツボを何回受けても痛いですが、内臓がまだ悪いでしょうか?

こんにちは。李哲です。

 

よくある質問ですが、

「押されるとまだ痛いけど、良くなってないでしょうか?」

 

誤解しやすいところがあるので、

説明する必要があると思います。

 

1.痛みは前と比べるべきです。

 

前より痛みが我慢できるようになったら、内臓の調子も良くなっているはずです。

 

前より痛くなったら、これはあなたの問題。

あなたはきっと何処かで不摂生をしている。

 

2.まだ痛いのは仕方ない。

内臓に刺激を与えるために、私が前より強く押しているから。

 

厳密に言うと、

健康な人でも強く押せば痛いことろは必ずあります。

 

だから、押されて痛みがあるかないかで、良くなっているかを判断するのではなくて、自分の症状から判断するのが正しいです。

 

例えば前より疲れやすくなったか?

手足は前より温かいか?

睡眠の質はよくなったか?など。

 

外部からのチェックで、

自分の健康状態を判断してはいけない。

 

あなたの状態を一番分かるのは、あなたしかいません。

 

いわゆる最先端の機械などは、もっと信頼できないもの。

 

足つぼ.整体というのは、何も患者に聞かないで、反射区のところが痛かったら「何々が弱いですね~」を言うものではないです。

 

最初に詳しい症状を聞いてから、

対応してる反射区(ツボ)を探してよくもむ。

 

コリがなくても強く刺激する。

コリが見つけた場合は、さらに強く押す。

 

ほかの所は分かりませんが、

少なくて私の考え方はこんな感じです。