本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

足つぼ痛い!爆笑しちゃった女性の話「ちょうがちょう痛い!」

【※本記事は2020-03-21更新しました】

 

こんばんは。李哲です。

足つぼが痛くて爆笑してしまった、患者から聞いた話です。

 

一人の女性。

足つぼを受ける時、すごい痛いところがあって、「あそこ、どこですか?」と質問されました。

 

私は説明が難しいので、簡単に「腸です」と答えたら、彼女は「ちょうがちょう~痛い!」と叫んでました。

 

このギャグで二人とも爆笑。

私は仕事もできなくて、手を止めるしかなかったです。

 

足つぼの面白い話で大笑い

 


 

一人の女性。

足つぼの途中、静かに呼吸を止めてました。

 

私は「痛かったら痛いと言ったほうがいいですよ。呼吸と止めるともっと痛くなるから。」と話しかけました。

 

そしたら彼女は、「だって、痛いと言ったら李さんがもっとその辺を攻めるから、言えないんだよ!」

 

私は笑うしかなかったです。

 


 

いくら我慢強い人でも、体は微妙な反応があります。

痛いと言わなくても体が反応するので、施術する人は分かります。

 

出産の時、頑張って呼吸するみたいに。

足つぼ.整体も頑張って呼吸しないといけません。

 

ボクシング選手とか格闘技の選手は、

相手に撃たれるときには息を吐いて、吸う人はいません。

 

その目的は、衝撃を一番少なくするため。

みんな分野は違いますが、原理は同じです。

 


 

昔、足つぼによく来た一人の女性。

痛くて暴れて息を止めてるから、「犬を飼ってますか?犬は何歳?」と聞いたら、女性はハァハァしながら、「足痛くて何歳か忘れた!」

 

そして、「先生はよくこんな時に質問しますね、これはいじめですか?」と笑ってました。