本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

テレビを見た感想:計りきれない医療予算と母乳育児の大事(2018-03-22修正)

こんにちは。李哲です。

 

テレビニュースはたまに見てます。

特に今度の地震と原発のトラブル。

 

その中で、いろいろ気になるニュースがありました。

 

外国人として、日本の政治とか社会現象を評論するのはどうかな?と思ってましたが、やはり言わないと落ち着かない。

 

以下は個人の意見ですが、一人劇として最後までご覧いただければ光栄です。

 

1.被災地にたくさんの方が義捐金を送りました。

ソフトバンク社長は100億円も募金したそうですね。

 

これで被災地の方の生活が、よくなればいいと思います。

 

余計な心配かも知れませんが、

私たちが送ったお金がどのくらい渡されるか。

 

中国には、暗い裏ニュースが少なくないです。

国からの補助金.NPO法人が集めた義捐金を、高官の誰々がごっそり使って、結局庶民に渡されるのはわずかしかないなど。

 

国が違っても、政治は同じでしょう。

地球の人間は同じだから。

 

途中で取られるのを知っているけど、無駄使いが一番少なくて、被災地に送られることを祈るばかりです。

 

あともう一つ。

多額の義捐金が集まりましたが、その金額は医療予算と比べたら天と地の差です。

 

ネットで見たH18年度の医療予算は、33兆円。

今年はもっと増えてると思います。

 

1兆円は1万億。

33兆円は33万億円。

 

今回集めた義捐金は、1兆円ありますかね…

 

倪海厦(ニハイシャ)先生はアメリカの経済に対して、こう言ったことがあります。

 

「アメリカ経済をダメにするのは、イラク戦争などではない。主な原因は膨大な医療費用。この医療制度を改正しないと、国が破産する日は遠くない。」

 

日本はアメリカと変わらないでしょう。

 

何十兆円の医療費で、状況がよくなったか。

国民が払った税金で、国民の健康を守ってくれたか。

 

深刻に考える必要があるのではないでしょうか。

 

2.放射能汚染でベットボトル水がなくなったとき。

テレビで見たら、慌てているのは若いお母さんが多かったです。

 

子供にミルクをあげるから、水が心配。

 

私はこのニュースを見たとき、とても不思議でした。

なぜ母乳をあげないだろう?

 

後で話を聞きましたが、

母乳が出なくて病院に行くと、病院の先生がミルクにしましょう!とすすめるパタンが多いそうです。

 

獅子の子供は獅子の母乳で育てる。

虎の子供は虎の母乳で育てる。

 

これが自然の常識でしょう。

 

牛の母乳で人間を育てるのが常識ですか?

 

牛乳を飲ませなければ、子供のアトピー.いろんな皮膚炎.胃腸炎.喘息などもなくなるし、免疫力も強くて風邪も引かなくなる。

 

母乳が少ないなら、胸のマッサージで出せます。

これは助産師が詳しいので、聞いてみたほうが良いです。

 

最強母乳外来 が一つのお勧めブログ。

 

マッサージでもダメだったら、漢方もあります。

漢方は母乳をたくさん作ることもできるし、母乳を止めようとしたときに、残りの母乳を外に出すこともできます。

 

いろんな方法があるのに、

容易に「ミルクにしましょう!」の勧誘にすぐ騙されるのはいけません。

 

牛乳の怖さ。

いつになったら常識になるだろう。

 

母乳期なのに母乳が出ないのは、中医学で言うと大体心の不安が原因です。

 

ご主人と喧嘩した。

心配のことが多すぎ。

毎日楽しくない生活を送ってる…など。

 

つまり、母乳が出ないのは、ご主人の責任が大きい。

あなたが奥さんを楽しくさせてないから、安心させてないから。

 

これは、女性の乳がんの原因と同じ。

詳しいのは、更新)乳がんの中医学の分析 をご覧ください。

 

最後には一つ忠告ですが、

育児に関しては自分のお婆ちゃん.年取った助産師などに聞いたほうが良い。

 

小児科の先生に聞くのは、ナンセンス。

 

アメリカ俗語にありますが、

三人の小児科の先生は一人のお婆ちゃんに敵わない。

 

いわゆる科学的で、専門的な医療知識を信じるか。

 

お婆ちゃんの生活で生み出した智恵を信じるか。

 

子供の健康は、お母さんの選び次第です。