本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

漢方薬で自分の風邪を治した(2018-03-21修正)

こんばんは。李哲です。

キャンセルの患者がいて、ちょうど時間が空きました。

 

今日は自分の風邪を治した例です。

(不運ですが、今度やられました)

 

一昨日、昼間からくしゃみ.咳.滝みたいな白い鼻水で、仕事もできないくらいひどかったです。

 

そして、夜仕事終わってすぐ「小青龍湯」を飲んだら、くしゃみと鼻水はなくなりました。

 

次の日に症状が変わって、全身がもの凄い熱い.鼻が詰まって黄色い鼻水が出る。

 

今度は「麦門冬湯」 「麻杏甘石湯」

1日で黄色い鼻水はほとんど消えました。

 

「小青龍湯」「麦門冬湯」 は、普通の薬局で手に入りました。「麻杏甘石湯」は近くの漢方薬局が当日に送ってくれたので、すごい助かったのです。

 

本来だったら、自分で処方して煎じたけど、仕事がある時は身動きが取れないので、完成品を買うしか仕方ない。

 

日本製でもかまわないので、飲む量をちょっと増やせば同じように治るから。

 

今回の風邪で思ったのが、

中国にいたらとても幸せだったかも知れません。

 

私の故郷は、100mくらい歩いてすぐ漢方薬局があって、いろんな生薬.漢方の完成品が売っていて便利。漢方薬局はコンビにみたいに数が多いのです。

 

しかし、日本は漢方薬局がすごく少ない。

生薬を庶民に売ってくれるところはもっと少ない。

 

こんな環境で風邪.急性胃腸炎などなったら、緊急入院するしかないかも。

 

風邪引いて病院に行くと、抗生物質をよく出しますけど、皆さん常識を知ってほしいです。

 

インフルエンザ.風邪は西洋医学で、ウィルスが原因だといいます。微生物ではありません。

 

しかし、抗生物質が対応してるのは、微生物のばい菌(細菌)。戦争などの感染症によく使われました。

 

ウィルスとばい菌は、ぜんぜん違うもの。

だから、風邪のとき抗生物質を飲んでもちっとも効きません。

 

抗生物質を飲めば飲むほど、体力(免疫力)が下がり、もっと風邪を引きやすくなる。男性の場合は非常に分かりやすいですが、飲んだ次の日の朝、朝立ちまでなくなります。

 

抗生物質はこのくらい「素晴らしい」のです。

 

では、なぜ病院では抗生物質を出すか。

薬を売って儲けたいかも知れないし、患者のあなたを安心させるためかも知れません。

 

先生は飲んでも無駄なことを知っているけど、あなたが「薬をください!」と強くお願いしてるから出すしかない。

 

このような患者は、けっしてゼロではない。

 

言葉は失礼ですが、
バカには薬じゃなくて、ただの水でも効果がある。

効くよ!と暗示さえかければ。

 

補充:

なぜ李さんは、ニハイシャ先生をそんなに信じてるか?と不思議に思う方はいるでしょう。

 

中医学の信者の道(1) に書いてますが、私が今まで実践してきて、ニハイシャ先生の理論を検証してみたからです。

 

現在のお店でいろいろ効果を出してるのも、Dr.Niのお陰さま。

 

今度の自分で風邪を治した例も、いろいろ勉強したから治せたのです。

 

昔の自分だったら、どうしたらいいか迷ったはず。

中医学を勉強してよかったと思います。

 

以上の漢方は、皆さんも家に常に用意したほうがいいですね。

万が一のために。

 

あっ!

一つ忘れましたが、「麦門冬湯」は特別な方に最適です。

 

学校の先生.講師などよく演説する人。

歌のやりすぎて声が枯れた人。

応援で喉がやられた人…など。

 

飲むとかなり楽になります。

ただし、ご飯みたいに毎日食べないで。

 

声が治ったら飲む必要はありません。

 

あと、もう一つ。

症状が似てるからと言って、勝手に私の真似をして、以上の漢方を飲まないでください。何か問題があったら、私は責任取れませんよ。


詳しいのは漢方薬局の先生などに相談してから、決めたほうが良いです。