本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

親孝行ができない人の病気は治らない

f:id:li-hari:20180616091300j:plain

 

こんばんは。李哲です。

今日は1年前に来たおばあちゃんの話をします。

 

足つぼ大好きなお婆ちゃんは、ある日こんな話をしました。

 

「保険屋の営業マンがよく来て話したけど、前回から気に入らなくなった。なぜか自分の実家より、嫁さんの実家に行くのが好きだって。自分の親すら嫌いになる営業マンは、納得できない。保険も買いたくない。」

 

かなり年を取ったお婆ちゃんの気持ちは分かります。

私だってこんな営業マンのお勧めプランは要りません。

 

昔の中国では、品の中で親孝行が求められてました。

 

子供が医学を勉強するのも、親の病気を治す為。

(中国歴史に残っている有名な漢方の先生。親の病気を治すために勉強し始めた人は少なくありません。)

 

しかし日本に来てテレビなど見たら、

とても残念なところがありました。

 

年寄りの孤独死など、

普通の中国人にとっては信じられない!

 

私のふるさとで、もしこんなことが起きたら、子供はもうふるさとへ帰れません。皆に指差されて言われるから。

 

中国では遠いところに行ったとき、無事に着いたら親にいちおう電話をする。電話がなかったら手紙でも書くのです。

 

しかし、日本には親.親戚との絆の離れが増えてる感じ。

これはとても残念なところ。

 

私はもう少し前の古い日本のほうが好きです。

 

日本語に「病は気から」の言葉があるでしょう。

 

この「気」というのは、いろんな意味があります。

腹が黒い人が病気になりやすいだけでなくて、嫉妬.恨みなど強い人.親を尊重しない人も病気になりやすい。

 

ほかの病気は治りやすいけど、

このような人の病気は治りにくいです。

 

なぜかというと、

体は治っても、精神が治ってないから。

 

このような人を包容できるのは仏様しかいないかも。

 

私みたいな凡人は、包容ができないですね。

包容のところか、拒否するくらい。

 

なぜかというと、1回施術をするだけで調子が悪くなるから。

 

だから私はなるべく避けてます。

 

自分を生んでくれた親すら大事にしない人、

自然の神様を尊重するかしら。

 

目に尊重するものすらない人は、

救う価値もありません。