本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

妊娠中のつわりを足つぼで治した例

【※本記事は2021-03-26更新しました】

 

こんにちは、李哲です。

妊娠2ヶ月のつわりを治した簡単な例を書きました。

 

患者さんは1年ぶりに来た女性。

甘いもの止めたら、冷え性などの諸症状が自然によくなり、そして妊娠。

 

この前来た時は、つわりの気持ち悪い症状がありました。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180607/20180607120224.png?1528340560

 

足つぼが終わる頃には、つわりが大分まし。その次に来たとき彼女が言うのは、「気持ち悪いのは、ほとんど治りました

 

つまり、つわりは足つぼ1回で治りました。

運が良かったと言われるかも知れませんが、足つぼ1回で治した症例はたくさんあります。

 

たとえば胃痛。

自分の施術経験だと、ほぼ1回で改善もしくは完治します。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

妊娠中のつわりは、足つぼで治せるし、漢方.鍼灸はもっと早く治せます。西洋医学では、妊娠中に投薬は禁止だけど、自然療法だと大丈夫。効果があるだけではなくて、副作用がありません。

  • 便座を2~3ヶ月抱いて吐きながら過ごすか?
  • 足つぼ・鍼灸・漢方薬などの自然療法で治すか?

どちらを選ぶかは、ご自身にお任せします。

 

今でも不思議だと思うのは、妊娠中に抗生物質など投薬禁止なのに、妊娠してないときはバンバン投薬する。

 

なぜ妊娠中は薬を出さないか?

薬の副作用は、最大10ヶ月でバレるからです。

高血圧の薬、血糖値を下げる薬みたいに、数十年飲ませるのができません。

 

畸型児.先天性心臓病など生まれたら、西洋医学も言い訳ができないし、訴訟で必ず負ける。こんなリスクを踏みたくないのは、当たり前でしょう。