本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

アメリカの処方医薬品による死亡率は、交通事故での死亡者よりも多い。(2018-03-21修正)

こんにちは。李哲です。

今日は中国ネットで見たニュースを翻訳文。

 

日本のヤフーでは、なかなか見れなかったニュース。警鐘になると思います。

 

本文のリンク先は、

http://www.6park.com/news/messages/40773.html

翻訳文

米疾病対策センター(CDC)のデータによると、2009年以来処方した医薬品で死亡した患者は、最低37480人。すでに交通事故での死亡者を超えている。

 

ロサンゼルス・タイムズ(英語:Los Angeles Times)は、政府が発表したデータを分析して以下のことが分かった。

 

たくさんの予防ができる死亡率は下がっているのに、薬物致死は例外である。

 

過去10年、交通事故での死亡率はどんどん下がっている。

しかし、薬物致死の数は逆に上がるだけ。

 

米政府が1979年、薬物致死の問題に注目し始めてから、初めて交通事故死を超えた。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180331/20180331195909.jpg

 

医薬品致死率の上昇の主な原因は、乱用度が高い.中毒になりやすい鎮痛剤と鎮静剤(抗不安薬.抗うつ剤.睡眠薬など)。 

 

よく使われている薬は以下のもの。

 

Fentanyl(フェンタニル)

  

OxyContin(oxycodone、オキシコドン

 

 Vicodin(ヴァイコディン) (このリンク先には、一人の乳がん患者の日記、薬の副作用に関する体験話が書いてます)。

 

Xanax(ソラナックス)


その中のFentanylは、モルヒネより50倍~100倍の鎮痛効果がある。専門家はこの薬がヘロインより危険だと話してる。

 

薬で亡くなった人数は、

すでにヘロインで亡くなった人数より多い。

 

処方した薬が中毒になる原因は、

1.たくさんの善意なお医者さんが患者の痛みを緩和する為。

2.製薬会社の強力な宣伝。

 

ロサンゼルスの医薬品問題を担当してる警官Steve Opfermanが話したのは、ある意味で処方は麻薬より危険である。

 

なぜかというと、薬に対する警戒心が強くないから。

李哲の感想:

以上の翻訳文だけでは足りないと思って、ヤフーで検索したらちょうど日本の方が書いた文章がありました。

 

3年前の記事です。

 

3年前にすでに注目されているのに、

今はもっとひどいはずでしょう。

 

薬害の怖さ。

猛毒の副作用。

 

翻訳文で書いてるけど、

西洋薬はヘロイン.覚醒剤よりも怖いです!

 

何時になったら、

患者は目が覚めるでしょうか?

 

Cannabis Study House - カナビス・ニュース | 処方医薬品乱用による死亡率、違法ドラッグ全体の3倍以上、カナビスによる死亡はゼロ、フロリダ州検視調査委員会