本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

虫歯治療後に噛むと痛い・頬の腫れを「金銀花」2日で治した例

【※本記事は2020-05-07更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

虫歯治療後に起きた、噛むと痛い・頬の腫れを治した例を紹介します。患者は自分(苦笑)、参考になると幸いです。

 

先週、歯医者さんに診てもらってからトラブルが起きました。

 

虫歯近くの頬が、中華まんみたいに腫れて口が開けられない。噛むと痛いので、もちろん食事は大変でした。

 

 f:id:li-hari:20180320204040j:plain

 


 

恐らく炎症だと思い、お店の常連さん(歯医者さん)に聞いてみたら、根っこの炎症で腫れて痛い可能性があるそうです。

 

炎症だったら、病院に行ってもどうせ抗生物質でしょう。飲んで痛みが減るかも知れませんが、朝立がなくなる(腎臓に悪い)ので当然パス!

 

いつも行ってる五行堂(外苑前の漢方薬局)に行って、金銀花50gを買いました。700円くらい。

 

金銀花:消炎鎮痛作用がある生薬。お茶として飲んでも良い。

金銀花:消炎鎮痛作用がある生薬。お茶として飲んでも良い。

 

お店に戻ってから、ちょっと摘んで(4~5gくらい)茶葉の代わりに熱湯に漬けて、色が徐々に変わったら出して飲みました。

 

午後から夜帰る時まで、金銀花茶を3杯くらい飲んだかな。翌朝は歯の痛みが完全に消えて腫れは半分くらい引き、2日目には頬の腫れまで消えました。

 

唯一失敗したのは、金銀花がまだ45g余っていること。ちょっと買いすぎたな...

 


 

「金銀花」の凄まじい消炎鎮痛効果。

自然の植物の力、本当にありがたかったです。

 

そして、中医学を勉強してよかったと思いました。何も知らなかったら、また抗生物質だったでしょう。抗生物質を何日飲めば炎症が治りますか?

 

治るところか、尿失禁になる女性もたくさんいます。ニハイシャ先生はアメリカでたくさんの症例を見てきたので、警告を出していました。以下の記事、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

消炎鎮痛剤は自分で作れるけど、さすが麻酔剤は作れないですね。昔は伝説の名医:華佗「麻沸散」を作って外科手術をしましたが、その作り方が分からない...

 

でも、「麻酔剤は要りません。自分で作って持ってきます。」と言ったら、歯医者さんもひっくり返るでしょう(笑)

 


 

追加情報:

当院には歯医者さん何人か来ました。

足つぼ整体の効果に驚いて、常連さんになってくれました。鍼灸院になってからは来てないですが。

 

私は普段西洋医学のボロクソ言うけど、歯医者さんは別もの。虫歯で歯に穴が空いたり、歯が折れた場合は西洋医学の歯科がオススメです。

 

形に問題が起きたときは、西洋医学のテクノロジーが最適。内科の病気は漢方、鍼灸などの治療法が王道です。