本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

数回で脊柱側弯症が改善し、食後に吐いてしまう症状がなくなり、食べる量がかなり増えてきた【足つぼ整体の症例】

【※本記事は2019-07-27更新しました】

 

 

「脊柱側弯症が改善しなかったら、手術しかない」と言われた子供

こんにちは。李哲です。

タイトル通り、脊柱側弯症・食後に吐いてしまう症状を改善した足つぼ整体の治療例を書きました。

 

患者さんは女の子、9歳。

今まで診た一番小さい患者です。

 

彼女が来た理由は、脊椎が曲がっている。

西洋医学でいう、「脊椎側弯症」です。

後ろから見ると両肩の高さが違いました。

 

病院の先生は「中学生になる前まで、これ以上ひどくなったら手術しないといけない」と話したそうです。

 

お母さんは病院の先生の話で怖くなり、いろいろ調べてこちらに辿り着きました。

 

ほかの治療方法でどう判断するか分からないけど、最初私が見た時、「そこまでひどい?」の感じでした。

 


 

脊椎が曲がっているとか、よく聞かれるでしょう。

世の中には、すでに脊椎矯正.骨盤矯正などの手技が流行ってますからね。

 

しかし私が思ったのは、

曲がっているは正常であること。

 

誰の脊椎でも、少しは曲がっています。

みんな好きな姿勢があるし、みんな利き手、利き足があるから。

 

脊椎が曲がっていても、日常生活に支障がなければ、変な痛みがなければそれでOKです。多少古くても全然日常的に使えるので、あまり神経質に考える必要がありません。

 

www.li-hari.net

 


 

道を歩くと背中が60度.90度まで曲がっているお婆ちゃんはいますよ。手術しなくてもちゃんと生きてます。大げさに手術までする必要はありますか?

 

常識ですが、

誰だって両目の大きさは必ず違います。

両手の力も違います。

 

左右が同じである人間はいません。

脊椎の生理湾曲が完璧な人間もいません。

 

子供はただの姿勢が悪いから、脊椎がちょっと曲がっただけ。

あと首と肩がこっている。

 

病院の先生は心配してくれてありがたいけど、私に言わせると「余計なお世話」。

 

梅雨に体調不良になるのは、脾臓の機能低下が原因、つまり「脾虚しょう」

最初の施術で子供の首と肩を触ってみたら、確かに硬かったです。

 

まだ9歳だから柔らかいはずなのに、

なんで首肩がこんなに硬いだろう?

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180812/20180812142207.jpg

 

お母さんとの会話で、私が一番気にしたのは一つありました。

子供は毎年梅雨期になると、よく体調不良になるそうです。

 

梅雨期というのは、湿気が多い時期。

この時期の体調不良は、ほとんど湿気が多い体質です。

 

理由は、類が友を呼ぶから。

中医学の用語でいうと、「同気相求」。

 

「同気相求」は、以下の記事でも説明しているので、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

湿気が多いと食欲不振.下痢.体がいつもより重い.怠いなどの自覚症状が現れます。

その原因は、脾臓が弱いから。

 


 

湿気は脾臓が管理してるけど、あまり湿気が多いのは脾臓が嫌がります。

 

今まで脾臓に悪いのは、コーヒ.白砂糖だと言いましたが、彼女の場合は違いました。

ワクチン接種など薬の副作用です。

 

ワクチンが脊柱側弯症を引き起こす

 

手足がまだ温かいから、副作用は心臓までは及んでないけど、消化系にはすでに影響が出ています。

 

首と肩のこりは、小腸と大腸と一番関係してます。

つまり、腸の機能が弱くなると首肩が凝りやすくなる。

 

よくパソコンのせいで首肩が凝ると言いますが、彼女の主な原因ではない。

 

この事例での女の子、まだ9歳ですよ。

それなのに、首コリがあります。

 

私が診たもう一人の女性。

彼女は3歳から肩こりがあったそうです。

 

子供の肩こりは姿勢.パソコンとの関連性、とても考えられません。

 


 

外部の原因は確かに影響ありますが、

それよりも内臓の状態が先に崩れているのが、肩こりと脊柱側弯症の原因。


中がダメになっているから、外側に現れる。

首と肩のコリも、内蔵から来るのが多いです。


私が心配していたのは、彼女の消化系。

外部に現れている肩こりなどは、気にしてないです。

 

首こり、肩こりは鍼治療の場合、とても素早く改善します。

以下の鍼治療例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

数回の施術後、曲がった背骨は改善されて、食後に吐いてしまう症状はなくなり、食べる量がかなり増えてきた

  

胃腸などの消化系を強くすれば、首肩のコリもなくなり、徐々に筋肉の左右のバランスががよくなって、曲って見える背中も戻ります。


彼女が来た時、まだ梅雨に入ってない。
梅雨になる前に何とか解決しようと思って、毎回足の裏は強め、上半身は弱めに押しました。


何回か受けて、彼女の消化系は強化されました。

前みたいに食後に吐いてしまう症状はなくなり、食べる量がかなり増えました。

 

食事

 


 

一番心配の脊柱側弯症。

後ろから見ても、そんなに曲がらなくなりました。

 

その後、彼女は鍼灸にも通っていましたが、鍼灸の先生はある日、話したそうです。

「なんかすごい柔らかくなったね...」

 

鍼灸に行く何日か前に、

彼女はこちらに来て暴れたから(笑)


まだ9歳なので、施術は優しい方でした。

最初は人見知りで黙々と施術を受けたけど、3~4回くらいからは全然違いましたね。

 

あまり叫んでいるから、警察が来るんじゃないかな…の心配もありました。

 

施術中は「痛い!痛い!」と逃げたけど、終わったら急に何もなかったように、隣で楽しく漫画など読んでるし…子供はよく分からないですね(苦笑)

 

施術が終わるゴロには、急に変わって読書する子供

 

施術した翌日から、どこからパワーが出たのか、掃除をガンガンやり始め、お母さん本人がびっくり

逆にお母さんのほうが整体を受けて、笑うことが多かったです。

 

お母さんは毎回、新幹線で帰るときは爆睡するそうです。

子供が起こさないと起きられない状態。

 

最初の施術を受けて、次の日はどこから力が湧いてきたか、家の掃除をガンガンやり始め、お母さん自身もビックリしたそうです。

 

足つぼ整体を受けから、元気が出る患者さんはほかにもいました。以下の記事、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net


何回か通って、お母さんは面白い質問がありました。

もしかして、太るツボでも押しました?

2kgも増えましたよ。

あと2,3キロで、この子を生んだ時の体重になります。

ブログにはみんな痩せると書いてるのに、私だけ...」と冗談を言ってました。

 

痩せるのは一般的ですが、

体が細すぎの方は太ると思います。

 

消化系が強くなれば、自然に体に合う体重になるから。

痩せる方もいれば、多少太る方もいるわけです。

 

以下は患者さんは、5ヶ月ですごい痩せ型から6kg太った例です。

 

www.li-hari.net

脊椎は大事な「督脈」、切ったりケガさせてはいけない

以前、笑い番組で罰ゲーム:マッサージを見たことあります。


脊椎矯正の一つ。

なにか木で作ったハンマーで脊椎を叩くやり方。

 

施術を受ける芸人は「痛い!痛い!」と叫んでる。
隣の人たちは笑ってたけど、私は冷え汗をかきました。

 

脊椎というのは、中医学で言うと「督脈」。
全身の陽気(エネルギー)を統領するところです。

 

督脈の画像


この「督脈」が折れたら、命も終わり。
提督が亡くなったら、統領する軍隊が散るのと同じです。


こんなに大事なところをハンマーで叩くなんて。
テレビ中の整体師は、どこからこんな大胆な施術を教わったか、私は不思議で仕方ありません。

 

他に頚椎ヘルニア.腰椎ヘルニアで手術を受ける方いますが、中医学は反対してます。

 

脊椎は内臓の司令部なので、

触るべきの所ではありません。

 

ひょっとしたら、手術の後遺症で下半身麻痺とか出るかも知れません。

 

一人の女性から聞いた話ですが、知り合いが腰椎ヘルニアで手術を受けたそうです。しかし、手術したら膝関節が悪くなり、膝の手術したら今度は歩けなくなった。

 

手術しなくても整体で腰椎ヘルニアは治るのに、何でこんな残念な結果にするか?

嘆くしかないです。

 

以下はヘルニアの腰痛で、立ち上がれない患者さんを1回で緩和した例です。どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

脊柱側弯症はワクチンの後遺障害

皆さんが知っているかも知れませんが、現実には脊椎がS型の患者がいます。しかも小さい患者が多い。

 

なぜ大人になる前に、脊椎がS型になったか。

ニハイシャ先生が言うのは、「脊柱側弯症はワクチンの副作用!」

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180812/20180812145039.jpg?1534053133


特にB型肝炎のワクチン。
ワクチンの副作用で、人間の「督脈」が損傷されて、脊椎が曲がってしまうのです。

 

昔はなかった病気、先進なワクチンのおかげさまで創られてます。


B型肝炎ワクチンを受けた方、たくさんいるでしょう。

しかし、日本でB型肝炎は無くなりましたか?皆さんの肝臓は元気でしょうか?

 

B型肝炎ワクチンの危険性について、皆さんはもっと知るべきです。

以下の翻訳文、かなり参考になると思います。どうぞ1回目を通してください。

 

www.li-hari.net
私は小さい時に受けたいろんなワクチン。

体内から掘り出して、捨てたくて仕方ないです。

そして簡単な気功を練習したり、漢方など飲みながら解毒しようとしてます。

 

恐ろしいワクチンの副作用。

いつかは世間から廃れるはず。


もし自分の子供がいたら、絶対受けさせません。

どんなワクチンでも要らない!

 

病気治療には自然な漢方など選択肢がたくさんあるのに、なぜワクチンを選ばないといけないですか?