本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

ジョブスのすい臓がんと肝臓がん、最初から中医学に治療してもらったら…(2018-03-20修正)

こんばんは。李哲です。

アップルの商品は一回も使ったことないけど、ジョブスの名前は知っていました。

 

李さんはテクノロジーに興味がない人だと思わないでください。

古臭い中医学を勉強してるけど、最先端のテクノロジーにも興味が有ります。どんな理論でどんな結果を出すか、勉強するのが楽しみ。

 

ジョブスが亡くなったのは、本当に残念なニュースでした。

すい臓がんを手術で「成功」したけど、最後は肝臓がんで亡くなった。

 

もし最初から中医学の治療に任せたら、こんな結果になったかな?

 


 

ニハイシャ先生に診てもらったら、例え完治できなくてももっと元気に長く生きたからも知れない…私は今でも思います。すでに亡くなったので、もしもと考えるのもダメですが。

 

ジョブスは、多分中医学と縁がなかったでしょう…

つまり運命的に、本物の中医学に触れるきっかけがなかったと。

 

もし中医学に触れたら、

結果はもっと違ったかも知れません。

 

中国語には「天嫉英才」の言葉があります。

その意味は、神様は才能がある人を嫉妬してる。

 

すごい才能がある人はよく早死するから、こんな言葉があるわけです。

 

しかし、これは医学の間違いで、本当に神様が嫉妬してるせいではないと思います。。

 

正しい医学だったら、

絶対こんな残念な結果になりません。

 


 

すい臓がんは、中医学の範囲で言うと「腑病」です。

肝臓がんは、中医学の範囲で言うと「臓病」。

 

腑というのは、浅いところ。

臓というのは、深いところ。

 

だから、中医学では「腑病易治、臓病難」というのです。

例え話をすると、敵が日本海まで攻めてきたときは、まだ追い出すチャンスはあります。しかし、中心部の東京まで来たら、もう遅いというか生死にかかる時です。

 

大腸がんも、胃がんも腑病の範囲なので、最初から中医学に任せれば治しやすいです。足ツボだけでも効果があります。

 

しかし、手術して治った方は何人くらいいるでしょうか?

10年後も再発してない方は、また何人くらい?

 


 

すい臓がん.肝臓がんなどでなくなった家族.知り合いの話。

私は患者からよく聞きます。

 

一人の女性から聞きましたが、お母さんがすい臓がんで病院の治療を受けたそうです。

 

しかし、抗癌剤.放射線療法など受けて、食べたらすぐ吐くのが3ヶ月も続いて、最後苦しんで死んだのを覚えている。(ある意味で餓死です)。

 

治療はじめてから6ヶ月も経ってません。

 

「もし自分がすい臓がんになったら、絶対病院の治療を受けない」と彼女は話してました。


一人が死んだら、もう十分でしょう。
何人死なせたら教訓になりますか?