本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

顔のくすみが消えて、ひどい冷え性・倦怠感も改善した足つぼ整体例

【※本記事は2019-04-25更新しました】

 

1年で3分の2の時間は、倦怠感で動けない。

冷え性がひどくて、お風呂に入っても温まらない。

顔のくすみが気になる。

耳鳴りが消えない…

 

様々な症状があっても、足つぼ整体で改善する余地があります。鍼治療なら、さらに早めに改善できる。

 

今日紹介するのは、たくさんの症状を抱えている女性の施術例。参考になると幸いです。 

 

 

今までみた一番ひどい冷え性、倦怠感が強い患者

 

こんにちは。李哲です。

今日は一人の女性の例。

 

彼女の主な自覚症状は、

  • ひどい冷え性
  • 肩こり
  • 胃と食道のポリープ
  • 耳鳴り
  • すごい倦怠感
  • 顔のくすみが気になる

 

冷え性が、どれくらいひどいか。

彼女が言うのは「お風呂に入っても、体の芯まで温まりません。

お風呂から出たあと、すぐ暖房の部屋に走って行かないと、体がすぐ冷えてしまいます。」

 

倦怠感が、どのくらいひどいか。

彼女が言うのは、「1年で4ヶ月だけ動く元気があって、残りの8ヶ月はだるくて動く元気がないです。」

 

彼女はこんな話もしたことあります。

「情けない!他人より人生を損した感じ!」

 

それはそうでしょう。

単純な計算だと、人生の3分の2の時間、彼女の体は”死んで”います。

 


 

彼女の話を聞いたら、冷え性は小さい時からあって、体力も他の子より全然なかったそうです。

 

周りにちゃんと治してくれる先生もいないし、親も冷え性などは体のSOS信号であることを知らないから、今までずっと体調不良だったわけです。

 

中医学の理論からみると、冷え性がひどい女性は、子宮まで冷えているので妊娠が難しい。生理痛もなりやすいです。

 

不思議なのは、こんなに冷え症がひどいのに、彼女は生理痛もない。生理の周期も乱れない。しかも、子供が2人もいます。

 

本当に、彼女は「運に恵まれている」としか言えないです。

 

足つぼした後、青あざになる原因 

彼女が受けったのは、足ツボ+整体の100分。

訴えている自覚症状では酷いと予測しましたが、施術を始めてから初めて分かりました。どんなに酷いかを。

 

左足の施術が終わって、右足を始めた時、左足が気になって触ってみました。

皮膚がひんやり、足裏は冷たいままです。

 

さっき足つぼを押した効果は、どこに行ったのか!?

自分の目を疑うくらいでした。

 

ここまでひどい冷え症は、初めて見たから。

 

f:id:li-hari:20180618111152j:plain

 


 

続けてやっても、いつになったら効果が見えるだろう。正直、私は絶望な気持ちまでありました。

 

彼女は重症なので、施術も痛かったです。覚悟して来たにもかかわらず、あまりの痛みで彼女はビックリしてました。

 

帰る時、両足には痛みがまだ残って、電車に乗るまで大変だったそうです。

 

冷え症がひどい女性は、足ツボを受けたあとに青あざになる人が多いです。特にふくらはぎ辺りが青あざになる。

 

これは足を強く押したからできるアザではありません。

彼女の冷え症がひどいいからできる青アザです。

 


 

どういう理屈かを説明します。

足ツボを受けると、一時的に体内に潜んでいる老廃物は、表に浮かび上がります。

本来だったら、この老廃物は自力で処理するもの。

 

しかし、冷え性で体の温度が足りない時、つまりエンジンがかからない時は自分で処理できません。

 

浮かんだ老廃物はまた沈んで、一ヶ所に固まる。

そうすると、内出血したように青あざになります。

 

毎回施術後、上半身とお尻が縮む

 

冷え症がひどいこの女性、最初来たのは8月でした。

1ヶ月後の9月、記録は以下のとおりです。

 

右足の青あざは、次の日に消えました。

左足の青あざは、2日後に消え。

 

前よりアザが消えるのが早い。

これは心臓が、どんどん強くなっているからです。

 


 

彼女はこちらに来る前は、体力があまりなくて、家事をするのも面倒だと思ったそうです。しかし、前回足ツボを整体を受けて家に帰ったあと、自らご飯を作ったり掃除をしたりして、彼女自身までビックリしたそうです。

 

気になっていた耳鳴りも、完全に消えました。

これは腎機能がよくなっていること。

腎機能が弱いと、耳鳴りになります。

 

面白いことは彼女が言った内容、

「毎回帰ったあと、上半身とお尻がどんどん縮まります。」

 

余計な水分を出しているから、むくみが取れたのです。

 

f:id:li-hari:20181011142231j:plain

 

ウエストが細くなり、顔のくすみが消えた

 

2ヶ月後、10月の記録は以下のとおりでした。

 

足つぼしても、青あざはもう出ません。

これだけで、彼女は大喜びでした。

 

昔、唇の色は青っぽかったけど、今はピンクになっている。

これは、体内の血が増えているからです。

 

③足のくるぶしあたり、前は捻挫をしたことがあり、梅雨・天候が変わる時は痛くなるそうです。

 

2ヶ月の足つぼで、捻挫したあとの痛みも完全に消えました。

天候がどんなに変わっても、痛くなりません。

 

④私が気になっていた彼女の「痩身」。

なぜか彼女は、「毎回施術後に大量の水分がなくなる感じ」だと言ってました。

 

ウェストが、どんどん細くなる感じ。

これは、昔の服を着ると分かるから。

 

そして、彼女のもう一つ喜び。

顔のくすみが消えた。

 

「なんでこんなに痛い足ツボを続けているか?」

私は彼女に聞いたことがあります。

 

彼女の答えは、「ダイエットできるし、顔のくすみが消えるから。どんなに痛くても頑張って通う(笑)」

 


 

3ヶ月後の11月の変化。

記録は以下のとおりです。

 

彼女は娘と一緒にディズニーに行きました。

去年は体力がなくて、1日遊んだだけでヘトヘトだったそうです。

 

しかし、今回は全然違う。

娘のほうがヘトヘトになりました。

 

2日で17個の乗り物。

昔は一日5個くらいでも十分だったのに、今回は17個まで乗れて、とても楽しかったと喜んでました。

 

最近、彼女はまた仕事を始めたそうです。

面白いのは、会社は節電の為にエレベーターを止めてるので、みんな4階まで歩くしかない。

 

夕方になると、他の人はヘトヘトになっているのに、彼女だけは元気。

「なぜこんなに元気ですか?」と、彼女は聞かれたことまであるそうです。

 

何故ですかね?(笑)

 

まとめ:足つぼ整体は、五臓六腑を強化する治療法

 

彼女が通ったのは、去年の8月から今年まで半年くらい。

 

最初は衝撃的な足ツボでぐったり。

2回目に来た時は、まだ前回の青あざと押した痛みが残ってました。2回目の施術でさらに痛みが増しになる。

 

それにもかかわらず、3回目.4回目まで通い。

もちろん、お尻が小さくなったり、体が楽になるのもあるから、彼女は我慢ができたでしょう。ただ痛いだけだったら、誰も続かないです。

 

こちらの足ツボはすごい痛いので、

叫んだり暴れたりする人が多いです。

 

施術が終わったあとは、

叫び疲れてぐったりの方が多い。

f:id:li-hari:20190210184011j:plain

普通の考え方だったら、気力がなくなってもっと疲れるはずで、何回か受けたあとは歩く力もないでしょう?

 

しかし、事実は:

叫び疲れているのに、逆に後になって元気になる。

原因は、足ツボで内臓を強化しているからです。

 


 

去年ある痛風の男性から聞いた話。

「足つぼが痛すぎて、呼吸が止まりそうです」と、彼が病院の先生に言ったのです。

 

そしたら先生が言うのが、「そんな施術は心臓に悪そうだね...止めといたら?」

 

この先生は検証もしないで、ただ単に悪口言うのは、無知だとしか言えない。

 

本当のことは、

足ツボ、整体は心臓にとても良い。

睡眠の質が良くなり、手足がどんどん暖かくなるのが強力な証拠です。

 

心臓が良くなれば、体が楽になるだけではなくて、気持ちが楽しくなる。考え方までプラス思考になります。

 

西洋薬を飲むと、楽しくなってプラス思考になりますか?

 

あ~~~

楽しくなるのは一つありますね。

 

覚醒剤、抗不安剤、抗うつ剤など。

商品名は違うけど、成分はほぼ同じ。

違法か合法かだけの問題です。