本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

乳をマッサージで出すゴッドハンド:平田喜代美先生のザ.ベストハウス番組を見て(2018-03-20修正)

こんにちは。李哲です。

昨日、たまたまテレビつけてみたら、ビックリする先生がいました。

 

母乳が出ない女性を助ける、

ゴッドハンドの平田喜代美先生!

 

15秒で乳を出せるなんて。

想像もつかないスピード。

 

しかも、噴水みたいに出ているのです。

 

私は胃痛とか頭痛とか最短で15分くらいで治したことあるけど、15秒で治すのは無理。針だったら3秒で胃痛を治せるけど、マッサージではとても無理ですね。

 

平田先生の話を聞いたら、なるほど!のところが多かったです。

 

一つ目は、何故マッサージで乳を出せるか。

 

乳房の基盤部が硬くなり、新しい血液が乳腺棒を通らないから、乳になれない。

 

そして、硬くなった基盤部をほぐして、血液が通るようにするのです。

 

私が感服したのは、平田先生が両手で同時に10個のツボを刺激すること。

 

平田先生はきっとツボの知識を持っているでしょう。(乳房の周りには、たくさんの経絡が通っている)だから、熟練な技で15秒で乳を出す。

 

胸を揉むだけでは、乳が出ません。

ただ揉むだけで出るなら、一般の男性でもできるから。

 

2つ目は、若いお母さんを叱る光景でした。

 

平田先生が言うのには、8割の女性は赤ちゃんが飲まないから乳が出ないと思い込んでいるだけ。実際にいっぱい溜まっているのに。

 

赤ちゃんが飲まない原因は、乳がすごくマズイから。

 

なぜなら、お母さんの食事がめちゃくちゃだから、体が製造する乳もめちゃくちゃな味。

 

動物の本能で食べものを探す赤ちゃんは、もちろん拒否するわけです。

 

番組で撮影したのを見ると、乳が出るのを平田先生が味わって、「こんなしょっぱい乳を誰が飲むんだ!」と怒ってましたね。

 

間違っている食事に気づいて、それを若いお母さんに伝える平田先生はとても素晴らしいと思いました。

 

よく女性患者さんから聞くのは、母乳が出ないと病院はすぐミルクをすすめるそうです。

 

なんでマッサージするとすぐ出るのに、うしちゃんに飲ませるものを、人間に飲ませないといけないですか?

 

「日本中に平田先生みたいな方が増えれば、どんなに良いことだろう。」と思いました。

 

蛇に足を加える発言ですが、乳が出ない女性は食事が間違っている以外に、もう一つの原因があります。

 

それは、マイナスの気持ちが強い。

例えばご主人と仲良くない、喧嘩ばかり。心配のことが多すぎ…など。

 

いずれにしても、心臓を弱まる行動。

 

人間の体は、気持ちの変化に左右される時が多いので、これは本当に気を付けないと行けません。

 

いくら母乳にいい食べ物を食べても、ご主人と喧嘩したりすると、母乳は出なくなります。

 

私に言わせると、母乳が出ないのは、

ご主人との関係が一番大きいです。

 

ご主人の気配りが足りないから。

精神的な面と、肉体的な面での気配り、両方あります。

 

もし平田先生のやり方で、ご主人がやってあげるともっと効果があると思います。

 

皆さんはどう思いますか?

 

去年、ニハイシャ先生の乳がんに関する論文を翻訳した時、ニハイシャ先生は言ったことがあります。

 

奥さんが乳がんになった場合、ご主人が大きな責任を負わないとダメ。

 

これは意味深い話なので、よく考えて欲しいです。

 

余計な話ですが、そんなに夫婦で仲良くなれないなら、ご主人が奥さんに優しく面倒見れないなら、結婚して何するんですか?意味不明です。

 

以下はアマゾンで見た平田先生の著作。

参考にしてください。

 

おっぱい先生の母乳育児「超」入門/平田 喜代美
¥1,575
Amazon.co.jp

 

おっぱい110番―母乳育児は地球を救う/平田 喜代美
¥2,100
Amazon.co.jp
母乳と和食で家中病気知らず(治療食付き)―難治性アレルギー症も成人病も恐くない/永田 良隆
¥1,890
Amazon.co.jp