本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

【中医学】睡眠関連摂食障害の原因は胃にある。睡眠中にお菓子を食べるのを足ツボで治した例。

【※本記事は2019-05-30更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

睡眠関連摂食障害は、睡眠中に食べまくることを言います。睡眠関連摂食障害の原因は、中医学の理論でいうと胃腸にあります。

 

胃腸が弱いと睡眠中に食べまくるのか?ビックリするかも知れませんが、今日は1人の女性の症例で説明していきます。

睡眠関連摂食障害の原因は胃腸にある

 

西洋医学では「睡眠関連摂食障害(夢遊病の一つ)」の原因は、ストレスよ疲労感よ言いますが、完全に分かっていません。

 

根本的な原因は、胃の調子が悪いからです。

 

中医学の理論には、こんな言葉があります。

「胃不和則寝不安」

 

極端な例を挙げると、

  • 食べ過ぎて胃腸が苦しいときは眠れません
  • 胃がキリキリ痛むと眠れません
  • お腹が空いていると眠れません

 

中医学の解剖学から言うと、胃は中焦。

上には肺と心臓があり、特に心臓とは近いです。

胃の不調が現れると、心臓にも影響が多いのです。

 

以下は一つの症例、胃腸の調子が悪くて心臓の痛みが生じた例です。幸いにも鍼ですぐ治ったこと。

www.li-hari.net

 

中医学の理論では、「心蔵神」。

「神」が心臓に戻って、ちゃんと休憩できれば、人は寝られると言います。「神」がちゃんと宿ってないと、夢を見たり寝ぼけたまま行動したりします。

 

胃の調子が悪いと、もちろん心臓に宿っている「神」はちゃんと休憩できないので、いわゆる睡眠関連摂食障害が現れます。

 

どうすれば、中医学の理論が正しいのが証明されるか?

 

簡単です。

中医学の理論をもとに治療して治れば、中医学の理論が正しいことです。

 

中医学と西洋医学は違いがたくさんあります。

以下の小論文、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

睡眠関連摂食障害のもう一つの原因:睡眠導入剤

 

先に、西洋医学の理論を引用します。

 

ストレスや、喫煙、アルコール、薬物乱用、日中のダイエットなどや、睡眠導入剤、安定剤などの薬で生じることもあります。

引用元:寝ている間に食べてしまう症候群|日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

睡眠関連摂食障害は胃腸の調子が悪い以外に、もう一つの原因は赤い文字で示したとおり、睡眠導入剤、安定剤

 

体は強力な薬で眠っているのに、「神」はまだ寝てなくて、夜中に起きて食べまくる。次の日に、自分が何をやったかも覚えてない。

 

安眠剤は恐ろしいものです。

睡眠導入剤を飲み続けると、心臓が弱くなるので、うつ状態が続きます。その後は抗うつ剤?

 

抗うつ剤の副作用は、自殺願望が増える事を知っていますか???ニハイシャ先生の治療記事を見れば、なぜ自殺する人が多いのかが分かります。

 

www.li-hari.net

足ツボ治療例:ひどい便秘、冷え症、不眠症は足つぼで良くなってきた

 

次は私の施術例を話します。

一人の女性患者、20代。彼女が最初来た時、睡眠関連摂食障害のためではなかったです。

 

最初の治してほしい症状は、

  • 冷え症
  • むくみ
  • ひどい便秘
  • 眠れない、不眠症
  • 過食症

彼女が言うのは、「不眠は考えることが多すぎるのが原因かも知れません。過食症はストレスが溜まった時になります。」

 

いろいろ問題はありますが、とりあえず足ツボで内臓の調子を整えるしかなかったです。あと、話を少しずつ聞いてあげながら。

 

何回か足ツボを受ける間に、冷え症は徐々によくなり、便通も食事を変えてから徐々によくなって、眠れない日も減りました。

 

不眠症、寝付けられないなどの症状は、鍼治療でも即効性が見られます。以下は一つの鍼治療例、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

眠っている時に、お菓子を食べまくる?!症状も治った

 

ある日、彼女が話した面白い内容がありました。

自分は寝てる時にお菓子を食べまくるそうです。

 

朝起きてみたら、テーブルにお菓子が散らかっている。自分は昨日まで食べてないのに、誰が家に入って食べただろう?と彼女はビックリしたそうです。

 

しかし、何回も同じことが起きて、彼女はやっぱり自分が寝ている時に食べたことに気づきました。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180712/20180712131908.jpg?1531369405

 

幸いにも、彼女は甘いものを止めて足ツボを受けてから、寝てる時に食べる習慣もなくなりました。つまり、睡眠関連摂食障害が治ったのです。

 

笑っちゃうのは、これはついでに起きた治療効果。

最初から治そうとしたものではありません。

 

足つぼ整体、鍼灸、漢方薬の治療のメリットはこれです。

ついでに、他のところも治る。

なぜなら、中医学はトータルケアだからです。

 

ついでに○○が治った報告は、患者さんからよく聞きます。

以下は一つの鍼治療、どうぞご参考に。

www.li-hari.net

睡眠障害、便秘などの諸症状は足つぼ整体・鍼灸で治せる

 

睡眠関連摂食障害も、便秘も、不眠症も、胃腸の調子と関係してるのが多いです。

 

足ツボと整体は、ちょうど胃腸の働きを整えるので、睡眠関連摂食障害にも効くわけです。鍼灸はさらなる効果があるので、胃腸の調子を戻すのはもっと早いです。

 

睡眠関連摂食障害で困っている方は、ぜひ足つぼ整体もしくは鍼治療を受けてみてください。